Skip to main content
MENU

低価格 高性能な革新的ShockLine ベクトルネットワークアナライザ(VNA)で大きなコストメリット

低価格 高性能な革新的ShockLine ベクトルネットワークアナライザ(VNA)で大きなコストメリット

ShockLine™シリーズ ベクトルネットワークアナライザは、RF/マイクロ波からミリ波コンポーネント、デバイスのSパラメータ測定、タイムドメイン解析を小型、低価格でさまざまなラインナップを取りそろえる製品です。製造ライン、開発、教育用途に最適なベクトルネットワークアナライザです。

アンテナ評価でVSWRを測定するなら設備投資を半分以下に

従来のVNAは2ポート/4ポートが主流でしたが、アンテナ評価でVSWRを測定するには1ポートしか使用しません。
このような用途に1ポートUSBネットアナのMS46121Bは設備投資を最小化します。

1ポートUSB VNAと従来の2ポートUSB VNAの比較

1ポートUSB VNAと従来の2ポートUSB VNAの比較

周波数と価格のポジショニング

5G、4K/8K、Automotiveなどの市場で、利用が広がる20GHz帯、40GHz帯、ミリ波Eバンドのパッシブデバイス測定で高いコストメリットを提供します。

周波数と価格のポジショニング ~20 GHz
周波数と価格のポジショニング ~40 GHz
周波数と価格のポジショニング ミリ波Eバンド(55 GHz~92 GHz)

低価格・高性能の理由

アンリツはいち早くNLTL(Non Linear Transmission Line)回路のMMIC化を実現し、コンパクトなVNA(ベクトルネットワークアナライザ)であるShockLineシリーズを2014年に開発しました。測定の安定性にも優れており、高価で手の届かなかったVNAを、低価格で実用性の高い測定器に変革しました。
「ShockLine」と呼んでいるこの技術は、アンリツVNAの受信部でマイクロ波とミリ波信号をIF周波数にダウンコンバートする際に使用されています。これにより、卓越した変換効率を実現し、直線性、安定性、信頼性が向上しています。この効果は、ダイナミックレンジを拡大し、精度を向上します。さらに、校正頻度を少なくすることに貢献しています。

MMIC化されたNLTL回路
NLTL

ShockLineテクノロジーにより、高い性能が求められる研究開発、コストの制約が厳しい製造現場、携帯性が重視されるフィールドなどへ、さまざまなソリューションを提供することが可能となりました。

ShockLineテクノロジーの特長

  • ネットアナの低コスト化を実現します。
  • 測定の安定性に優れています。
  • 煩雑な校正(CAL)の頻度を削減し、作業性を向上させます。
  • 測定精度と再現性に優れています。
ShockLineテクノロジーの特長

お問い合わせ

 

 

ミリ波市場の普及をサポートするアンリツのラインナップ      まずはお手軽トライアル。1ポート ネットアナ     パッシブデバイスに、必要以上に高価で高機能なVNAはもういらない。
【ソリューションのご案内】
パッシブデバイスに、必要以上に高価で高機能なVNAはもういらない。
Sパラメータ測定、タイムドメイン解析に適した小型で低価格なベクトルネットワークアナライザ(VNA)をご紹介します。
【デモ機貸出のご案内】
まずはお手軽トライアル。1ポートネットアナ
購入前に検証いただくため、1ポートネットアナのデモ機無料貸出のご案内をしています。
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。