Skip to main content

キーコム株式会社誘電率測定システム

材料別対応表

Model/測定法 周波数 多層構造体 プリント基板 Film(極薄膜) 粉体 シート(板) ファントム 電波吸収材料 ノイズ抑制シート 液体 レドームカバー セラミックス 誘電体共振器 強磁性体
DPS03 開放型共振器法 20 GHz~110 GHz            
DPS18 摂動方式空洞共振器法 200 MHz~10 GHz        
DPS08 閉鎖系Sパラメータ法
(同軸・導波管タイプ)
12 MHz~40 GHz                
DPS09 閉鎖系周波数変化法
(同軸・導波管タイプ)
10 MHz~60 GHz              
DPS16 プローブ方式(オープン)
(Sパラメータ法)
30 MHz~90 GHz              
DPS50 ストリップライン共振器法 800 MHz~14 GHz                  
DPS51 円盤共振器法 3 GHz~70 GHz                  
DPS14 並行導体板型
(誘電体共振器法)
3 GHz~26.5 GHz                    
DPS10 フリースペース
(周波数変化法)
2.6 GHz~110 GHz              
DPS24 フリースペース
(Sパラメータ法)
2.6 GHz~110 GHz                      
DPS22 フリースペース
(入射角変化方式Sパラメータ法)
2.6 GHz~110 GHz                    
DPS05 伝搬遅延同軸管方式
(Sパラメータ法)
45 MHz~40 GHz            
DPS02 エリプソメトリー法 26.5 GHz~110 GHz                    

DPS03 開放型共振器法

高周波で高精度なフィルム測定が可能!
国内はもとよりEU最大研究機関から米国・Asia等の大手メーカーが採用

特長

  • Q値が高く、低損失材料が正確に測定できる
    → Q値:15 万~20 万@ 28 GHz近辺
      20 万~30 万程度@76 GHz付近
  • 測定したい周波数の測定ができる
    → 76.5 GHzの測定も、79 GHzの測定も、81 GHzの測定も1つの共振器で測定可能
  • マイクロオーダーの自動制御機構を採用。
    → 試料に応じて共振周波数が自動的に最適化され、より正確な測定が可能。

測定範囲・精度

  • 比誘電率:±3 %, 1.05 - 30
  • 誘電正接:±7 %, 0.0001-0.05
  • 周波数範囲:20 GHz - 170 GHz

測定対象

  • フィルム、レドームカバー
    セラミックス、石英、樹脂など

5G関連には開放型共振器を!
Automotive関連には周波数変化法がお勧めです。

開放型共振器法
arrow-to-top

DPS18 摂動方式空洞共振器法

正確な測定で微細な差がすぐ判明!
基板用粉体メーカー多数採用

特長

  • 高精度のため、樹脂はもとより粉体でも正確に測定可能
  • フィルム、低損失液体測定が可能

測定範囲・精度

  • 比誘電率:±1 %, 1-150
  • 誘電正接:±3 %, 0.0001-0.05
  • 周波数範囲:200 MHz - 10 GHz(単点測定)
    標準品:300 MHz, 1, 2, 2.45, 3, 5, 5.8, 10 GHz
    その他の周波数については、注文生産となります。

測定対象

  • シリカ等粉体、電池材料、フィルム
    セラミックス、樹脂、液体など
摂動方式空洞共振器法
arrow-to-top

DPS08 同軸管、導波管タイプ ①Sパラメータ法

高損失材料に最適!電波吸収体の開発に!

特長

  • 小さな試料で測定可能
  • 高誘電正接の測定に適しており、同時に透磁率も測定
  • 原理上、試料と治具の間に隙間ができるため
    精度は落ちるが、他の手法で測定できない範囲をカバー

測定範囲・精度

  • 比誘電率:±10 % 2 - 200
  • 誘電正接:±20 % 0.01 - 20
  • 比透磁率:±10 %
  • 周波数範囲:
    推奨:500 MHz - 12.8 GHz
    非推奨:12.8 GHz - 110 GHz
    ※12.8 GHz以上はフリースペース法のサイズが作れない場合に使用

測定対象

  • ゴム、電波吸収体、ノイズ抑制シートなど
同軸管、導波管タイプ
arrow-to-top

DPS09 同軸管、導波管タイプ ②周波数変化法

小さいサイズの低損失試料 温度変化測定が可能!

特長

  • 小さな試料で測定が可能な閉鎖系の測定システム
  • 低誘電正接材料の測定ができる
  • 原理上、試料と治具の間に隙間ができるため
    精度は落ちるが、他の手法で測定できない範囲をカバー

測定範囲・精度

  • 比誘電率:±5 % 1.5 - 30
  • 誘電正接:±7 % 0.001 - 15
  • 比透磁率:±10 %
  • 周波数範囲:
    推奨:500 MHz - 12.8 GHz
    非推奨:12.8 GHz - 110 GHz
    ※12.8 GHz以上はフリースペース法のサイズが作れない場合に使用

測定対象

  • 石英、セラミックス、樹脂など
同軸管、導波管タイプ
arrow-to-top

DPS16 プローブ方式(オープン)

液体、ゴム等をワイドレンジで温度変化測定!
土、水、氷など。MS46122Bとセットで現場の測定に!

特長

  • 液体、ゴム等の測定に最適
  • コンクリート等の長期にわたる変化を時系列で測定可能
  • 持ち運びしやすく、現場ニーズに対応

測定範囲

  • 比誘電率:1.05 - 500
  • 誘電正接:±7 % 0.001 - 10
  • 周波数範囲:100 MHz - 55 GHz

測定対象

  • 液体、電波吸収体、ゴム、皮膚、脂肪など
プローブ方式(オープン)
arrow-to-top

比誘電率測定システムに最適なベクトルネットワークアナライザ

VectorStar VNA MS464xB

ベクトルネットワークアナライザ MS4642B ~20 GHz
MS4644B ~40 GHz
MS4647B ~70 GHz
ME7838A/D/G ~110 GHz/145 GHz/220 GHz
周波数により型名を選択ください。
オプション 詳細はお問合せ下さい。
(保証延長オプションはキャンペーン対象外)
アクセサリ テストポートケーブル、校正キットなど
詳細はお問合せ下さい。
ベクトルネットワークアナライザ

ShockLine VNA MS46122B

コンパクトUSB
ベクトルネットワークアナライザ
MS46122B
MS46122B 周波数オプション ※ご希望の周波数をお選びください。
MS46122B-010(~8 GHz)
MS46122B-020(~20 GHz)
MS46122B-043(~43.5 GHz)
アクセサリ テストポートケーブル、校正キットなど
詳細はお問合せ下さい。
コンパクトUSB ベクトルネットワークアナライザ MS46122B

form.jpg

「5G/Local5G、Automotiveに対応する誘電率測定」に戻る
Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.