Skip to main content

5G/Local5G、Automotiveに対応する誘電率測定

5G/Local5G、Automotiveのさまざまなデバイスや部材の厳しい要求に勝つために

誘電率測定

2020年春に商用化が始まった 5G/Local5Gは 高速/広帯域伝送・超低遅延の実現に向け動いています。
5G/Local5Gシステムを支える回路基板・コネクタ・ケース・カバーなどの材料への関心は高まっています。
また、自動車業界でも車載レーダー/5Gミリ波帯実装の開発は止むことが無く、材料の性能改善・革新要求は進むばかりです。

5GやAutomotiveで使用されるさまざまな材料

これらさまざまな課題に対応する材料の研究開発が活発に行われ、 そこでは使用する基板材料(誘電体)の「誘電率」を知ることが非常に重要となります。誘電率が重要になる基板材料とその課題は以下があります。

基板材料

  • 電子回路基板
  • フレキシブル基板
  • 有機ELパネル
  • ケースカバー
  • 多層基板間の絶縁シート

課題

  • 小型化
  • 製造性
  • 柔軟性
  • 耐熱性
  • 透明性
  • 強靭性

5Gでは基板材料の性能/品質向上に向けて新たな素材の開発が進行しています。

5Gで求められる低損失・低遅延

アンリツはこれらの要求に対応する、材料の形態と要求性能に合わせた比誘電率測定システムを、パートナー企業の各種測定システムとベクトルネットワークアナライザを組み合わせて、最適な誘電率測定システムを提案します。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.