Skip to main content
MENU

産業用ロボットで使用されているアクティブ光ケーブル(AOC)と
その評価ソリューション

電気制御機器や動力機器の間をつなぐ制御信号を評価する

近年、産業用ロボットは、 PLC(Programmable Logic Controller)・シーケンサと、センサーやモーターなどの電気制御機器や動力機器の間をつなぐ制御信号を、Gbit/s超に高速化するためにAOCや光モジュールを使用した光伝送を採用しています。

産業用ロボットの制御信号に使われるAOCや光モジュール

産業用ロボットの制御信号に使われるAOCや光モジュール

産業用ロボットの制御信号に使われるAOCや光モジュールの評価

産業用ロボットで使われるAOCや光モジュールは、高速通信ではビット誤りのない高品質な通信が必要となるため、品質評価には、BER(Bit Error Rate)測定、Eyeパターン測定が必須となっています。

<AOC評価>
AOC評価
<光モジュール受け入れ評価>
光モジュール受け入れ評価

MP2100B BERTWaveは、1台でBER試験器(BERT)、サンプリングオシロスコープの両機能の搭載に加え、AOCの開発・製造で必要となるTotal Jitterの分離解析もできます。 AOCインタフェースを送受同時に評価でき、AOCの特性評価、伝送路の品質評価を簡単に行えます。

アイマスクマージン評価
BER測定
ジッタ解析
必要機能 パルスパターンジェネレータ(PPG)、エラーディテクタ(ED)、サンプリングオシロスコープ
測定項目 BER測定、Eyeパターン、Eyeマスクマージン、ジッタ

MP2100Bは、125 Mbit/s~12.5 Gbit/s信号のBER測定、100 Mbit/s~12.5 Gbit/s信号のEyeパターン、Eyeマージン測定、ジッタ成分解析を1台で行えるコンパクトな測定器です。

AOCの評価に関してもっと知りたい方はこちらから資料のダウンロードができます。

お問い合わせ

資料ダウンロード

初めてのアクティブ光ケーブル(AOC)評価
初めてのアクティブ光ケーブル(AOC)評価
AOCを採用する際に必要となる評価(測定)に関して解説した資料です。
アイパターン解析の基礎
アイパターン解析の基礎
サンプリングオシロスコープを用いて光トランシーバモジュールの信号品質を評価するために必要な知識について、アンリツのBERTWave™シリーズ MP2110A/MP2100Bを使用して説明しています。

製品について詳しく

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。