Skip to main content
MENU
LMRマスタ S412E

LMRマスタ™

S412E
概要

S412E - 陸上移動無線の解析、信号発生器、スペクトラムアナライザ、ベクトルネットワークアナライザ

LMRマスタ S412Eは、公共安全システムの設置時や保守用の測定器で、アンリツの第2世代のソリューションです。
アンリツの第9世代ハンドヘルドプラットフォーム上に構築されたS412Eは、高性能受信機/スペクトラムアナライザと高度なハンドヘルドベクトルネットワークアナライザ、さらに0~-130 dBmの出力範囲で内部調整可能なCW/P25(Phase 1、Phase 2)/ DMR(MotoTRBO™)/TETRA/NXDN™/PTC信号発生器を一つの筐体に納めたものです。

S412Eは、陸上移動無線(LMR)やプロフェショナル移動無線(PMR)の技術者やエンジニアが、狭帯域FM、P25、P25 Phase 2(TDMA)、DMR(MotoTRBO™)、TETRA、NXDN™、dPMR、およびLTE民間放送・公共安全・海上・インフラ危機無線システムのRF性能を試験するのに最適な測定器です。加えて、LMRマスタは、米国のClass1鉄道制御システムもサポートします。For railway operators that use GSM-R systems, the LMR Master can be configured with GSM/GPRS/EDGE measurements.

S412Eベースモデルは、ベクトルネットワークアナライザとスペクトラムアナライザが標準装備されており、狭帯域FM無線システムやカバレッジマッピングでRSSI、送信SINAD、送信THDをサポートします。また、オプションでP25(TIA-102.CAAA-C)、P25 Phase 2(TIA-102.CCAA)、ETSI DMR Tier 2(MotoTRBO™)、ETSI TETRA、NXDN™、dPMRおよびPTCなどのディジタル陸上無線スタンダードもサポートします。アナログ、又はディジタルLMRシステムで、カバレッジマッピング用にGPS受信機のオプションが装備できます。LMRマスタは、公共安全システムで使用されるFDD-LTEの空間電波解析機能や、バックホールシステムで使用されるWiMAX解析機能もオプションで提供します。スペクトラムグラム、MA2700Aを使用した干渉波解析、チャネルスキャナ、高精度RFパワーメータ、距離ドメインのケーブルアナライザ、ベクトルボルトメータもオプションで追加できます。

高性能の500 kHz~1600 MHzベクトルネットワークアナライザ機能では、ケーブルやアンテナの試験ができます。タワーマウントのアンプリファイア用にバイアスティも用意されています。アンテナの特性を確認するために、周波数ドメインでのSパラメータ測定とVSWR測定が可能で距離ドメイン測定によってコネクタやケーブルの不連続箇所などを容易に特定できます。 ベクトルネットワークアナライザ、スペクトラムアナライザ共にオプションで6 GHzまで周波数を拡張できます。 特許取得のRF干渉波耐性技術によって、高レベルのRF信号下でも正確な測定ができます。

S412Eは、サイトマスタシリーズと同じ業界標準のプラットフォームで長年にわたり培われた高信頼性、可搬性、精度を提供します。

S412Eのベクトルネットワークアナライザは、伝送ダイナミックレンジ>100 dBと優れており、これにより、フィルタや、デュプレクサ、送信コンバイナ、受信カプラやタワーマウントアンプなどの重要なRFデバイスに使用できます。ベクトルネットワークアナライザは、850 µ秒/ポイントの掃引速度があるため、測定値の表示が高速です。また、表示データポイントは、2~4001ポイントで使用条件に柔軟に対応できます。

S412Eは、高性能ベクトルネットワークアナライザとスペクトラムアナライザを融合させていますが、スペクトラムアナライザでは、優れた表示平均雑音レベル -152 dBm(RBW=10 Hz、周波数2.4 GHz未満)でTOIが+16 dBmのため、強い信号が出力されているような場所でもLMRシステムに影響を与える干渉波の調査に理想的です。このスペクトラムアナライザの周波数範囲は、オプションによって6 GHzまで拡張できます。
S412Eは、低位相雑音(<-110 dBc/Hz 代表値 @ 10 kHz offset)によって、狭帯域FM、P25、NXDN™、DMRのエミッションマスクを正確に測定します。

高確度パワーメータは、外部USBセンサや通過型センサを使用して、真のRMSパワー測定を行えます。これは、CWや変調信号電力の高精度測定に理想的です。チャネルスキャナオプションは、20チャネルまでのスキャンができます。

S412Eには、データ解析ソフトウエア、ソフトキャリングケース、充電式バッテリー、AC/DC電源、12Vシガレットライタアダプタ、ユーザズガイドが含まれます。

  • カバレッジマッピング付LMR信号解析機能:P25、P25 Phase 2、DMR (MotoTRBO™)、TETRA、NXDN、dPMR、PTC、NBFM
  • 広帯域信号解析機能:LTE、WiMAX
  • MA2700Aインターフェアレンスハンターを利用したインターフェアレンスマッピング付妨害波解析機能
  • スペクトラムアナライザ:9 kHz~1.6 GHz、オプションで6 GHzまで拡張可
  • ケーブル・アンテナアナライザ:500 kHz~1.6 GHz、オプションで6 GHzまで拡張可
  • リターンロス、VSWR、挿入損失、S11/S21、障害位置検出
  • 内蔵パワーモニタ、オプションで外付けの高確度パワーセンサが使用可能
  • ハンドヘルド、バッテリー動作
  • バッテリーを含み3.5 kgの軽量
  • フィールドで培ってきたアンリツ9世代目の頑丈なハードウエアプラットフォーム
  • 高照度下でも視認性の高いカラータッチスクリーンディスプレイ
  • 優れたRF干渉耐性
  • Ethernet 経由のリモートコントロール
  • 標準3年保証(バッテリーは1年保証)

Line Sweep Tools (LST)
Anritsu Line Sweep Tools (LST) is the latest generation of Handheld Software Tools, an industry standard. This PC based post-processing software efficiently manipulates line sweep and PIM traces for reporting purposes.

easyTest Tools (eTT)
easyTest Tools allows users to Create work instruction files on their PC, Deliver these files by e-mail, and then Display work instructions on supported instruments and modes. These easyTest™ files provide step-by-step instructions for both the test setup and instrument operation.

easyMap Tools (EMT)
easyMap Tools provides maps in formats that Anritsu's handheld spectrum analyzers can use for either coverage mapping or interference hunting. It helps users find and prepare geo-referenced maps and building floor plans for use by Anritsu handheld Spectrum Analyzers.

Wireless Remote Tools
Wireless Remote Tools™ is Anritsu's remote control software, available as a free download. It works with many of our Handheld RF Instruments. The Wireless Remote Tools software allows users to wirelessly monitor and control a wide range of Anritsu handheld RF instruments. Wireless Remote Tools provides a solution for the times when it is not practical to be close to the instrument.

Master Software Tools (MST)
Master Software Tools (MST) allows Anritsu handheld Spectrum Analyzer users to Capture, Analyze, and Document traces and measurements taken with a wide variety of Anritsu handheld spectrum analyzers.

アプリケーション
  • P25 Phase 1、P25 Phase 2(TDMA)、NXDN™、ETSI DMR、MotoTRBO™、ETSI TETRA、dPMR、US PTCのフィールド解析、カバレッジマッピングは、公共安全、政府関連、民間放送、鉄道制御、サイト間バックホール、及び、インフラ危機のための、移動またはタワー無線システムを解析可能
  • GSM/GPRS/EDGE and LTE Measurement Options
  • スペクトラム解析と干渉波解析テストでは、優れたダイナミックレンジ、ノイズフロア、TOIにより、たとえ近くの周波数に高パワーのRFソースがあっても、低レベルの干渉波信号を検出し解析することが可能
  • ケーブル、アンテナ、コネクタのベクトルネットワーク解析および距離ドメインテストは、反射ならびに伝送信号のLog Mag、VSWR、フェーズ、グループディレイ、スミスチャート、インピーダンスを測定し、記録/文書化する。高速 850 µ秒/ポイントの掃引速度を実現
  • 周波数ドメインリフレクトメトリを使用して、DTFを測定可能
  • 42 dBの方向性でリターンロスを測定し、100 dBを超えるダイナッミックレンジで挿入損失を測定可能
  • 占有帯域幅とエミッションマスクは、瞬時のテストを実現
  • 自動スキャン機能付狭帯域FM解析を用いて、未知の送信機の周波数と、インドア又はアウトドアでのRSSIおよび送信SINADのカバレッジマッピングを測定可能
  • CW信号と変調信号のRFパワーを測定可能
  • アナログ又はディジタル無線システムのインドアとアウトドアのカバレッジマッピングをサポート。測定中はPCを必要とせず、測定データをKMLフォーマット、CSVフォーマットに変換可能

 

狭帯域FMを含むアナライザは、すばやく精度良くキャリアパワー、キャリア周波数、周波数エラー、FMデビエーション、変調レート、ユーザ無線機からのオーディオSINAD、THD、占有帯域幅、CTCSS/DCS/DTMF復調をGPS情報と共に測定します。

P25/P25 Phase 2、DMR(MotoTRBO™)、TETRA、NXDN™、dPMR、US PTC信号解析測定(各解析モードによる):
受信電力、周波数エラー、変調精度、EVM、シンボルデビエーション、NACおよび1011 Hz(P25)、1031 Hz(P25 Phase 2/NXDN/ETSI DMR)、0.153/V.52疑似ランダムテストパターンでのBER。音声トラフィックからのBER推定、コントロールチャネルトラフィックからBER/MER測定。リニアまたはコンスタレーション、ヒストグラム、P25とNXDNでのコントロールチャネルHEXデコード、P25 Phase 2でのTDMA信号のパワープロファイル、TETRA方式でのダウンリンクパラメータの表示。

P25/P25 Phase 2/NXDN™/ETSI DMR/MotoTRBO™/ETSI TETRA/PTCカバレッジ測定:
S412Eは、ディジタル無線信号の受信パワーの情報をもったカバレッジマッピングと、テストパターン1011/1031 Hz、0.153/V.52でのBERや音声トラフィックから推定されるBERと、コントロールチャネルトラフィックから測定されるBER/MER(Message Error Rate)とを、データのGPSタグ(場所と時刻)を用いて測定します。従って、S412Eは、送信機をオフラインにすることなくシステムのパフォーマンスやカバレッジ解析ができます。
業界で一番優れた受信機を備えたS412Eは、正確にBERや変調精度を-110 dBmの信号レベルまで測定できます。BERと変調精度若しくはEVMのカバレッジマップは、妨害波やマルチパスの影響によって通信ができるかを判断するのに便利です。マッピングは、インドア(建物の平面図ベース)やアウトドア(GPS情報による)で使用できます。カバレッジマッピングは、タブ区切りCSVや業界標準的なKMLフォーマットをUSBメモリに直接生成し、オフライン解析やマッピングに使用できます。

オプション
オプション 説明 オプション注文番号
オプション6 スペアナ周波数拡張、~6 GHz S412E-0006
オプション10 高電圧可変バイアスティ
オプションのバイアスティはLMRマスタに統合されており、鉄塔取付増幅器(TMA)のように被試験装置にDCとRF信号が両方印加されるような用途のために設計されています。
S412E-0010
オプション15 ベクトルボルトメータ S412E-0015
オプション16 VNA周波数拡張、~6 GHz S412E-0016
オプション19 高精度パワーメータとの接続機能(別途センサが必要) S412E-0019
オプション25 妨害波測定機能(オプション31推奨)
  • スペクトログラムは周波数、電力、時間の3次元表示を行います。
  • RSSI測定は、信号周波数の信号強度を経時的に観察する場合に便利です。
  • 妨害信号の検出
S412E-0025
オプション27 チャネルスキャナ機能
チャネルスキャナオプションは、複数の送信信号を測定し、P25とNXDNシステムでのチャネルパワーの測定に便利です。
S412E-0027
オプション31 GPS受信機能(要アンテナ(別売))
GPSは場所(緯度、経度、高度)とUTC(世界協定時)時刻情報を提供します。LMRマスタは、各測定データに場所情報をスタンプし、測定が正しい時刻と場所で行われたことをチェックします。
S412E-0031
オプション37 Mobile WiMAX 空間電波測定機能(要オプション31) S412E-0037
オプション46 Fixed WiMAX RF 測定機能 S412E-0046
オプション47 Fixed WiMAX 復調機能 S412E-0047
オプション66 モバイル WiMAX RF 測定機能 S412E-0066
オプション67 モバイル WiMAX 復調機能 S412E-0067
オプション431 カバレージマッピング(要オプション31) S412E-0431
オプション444 電磁場測定機能 S412E-0444
オプション509 AM/FM/PM 解析機能 S412E-0509
オプション521 P25 & P25 Phase 2 解析機能 S412E-0521
オプション522 P25 & P25 Phase 2 トークアウトカバレッジ機能(要オプション31、521)
S412E-0522
オプション531 NXDN™ 解析機能 S412E-0531
オプション532 NXDN™ カバレッジ機能(要オプション31、531) S412E-0532
オプション541 LTE RF 測定機能(要オプション31) S412E-0541
オプション542 LTE 復調機能(要オプション31) S412E-0542
オプション546 LTE 空間電波測定機能(要オプション31) S412E-0546
オプション886 LTE FDD/TDD 256QAM復調機能(要オプション542) S412E-0886
オプション572 dPMRカバレッジ機能(要オプション573、31) S412E-0572
オプション573 dPMR解析機能 S412E-0573
オプション581 TETRA 解析機能 S412E-0581
オプション582 TETRAカバレッジマッピング S412E-0582
オプション591 DMR2解析機能 S412E-0591
オプション592 DMR2トークアウトカバレッジ機能(要オプション31、591) S412E-0592
オプション721 PTC解析機能 S412E-0721
オプション722 PTCトークアウトカバレッジ機能(要オプション31、721) S412E-0722
オプション 880 GSM/GPRS/EDGE Measurements S412E-0880
オプション99 プレミアム校正証明書(データ付) S412E-0099
ライブラリ
ビデオ
ハンドヘルド製品のファームウェア アップデート方法

ハンドヘルド製品のファームウェア アップデート方法
ハンドヘルド製品のファームウェア アップデート方法

T-M-Introduction-J-v2

アンリツ電子計測器ソリューション(An Eye on the World)
アンリツの電子計測器 ソリューションビジネスをご紹介します。

マスターシリーズ

フィールド用計測器 マスタシリーズ
アンリツの高性能ハンドヘルドスペクトラムアナライザはフィールド測定における業界のスタンダードです。 ここでは、第9世代となるスペクトラムマスタを紹介します。

関連製品
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。