Skip to main content
MENU

卓越した近傍位相雑音性能を実現したスペクトラムアナライザ

VHF/UHF帯の狭帯域通信装置の厳しい近傍スプリアス試験から無線バックホールなどのマイクロ帯までの送信評価を1台で行えるシグナルアナライザ(スペクトラムアナライザ)MS2840A

2000年代以降に発売されたスペクトラムアナライザの多くはモバイル通信用として、位相雑音性能はMHz台のオフセット周波数で最適化されてきました。MS2840Aは、kHz台のオフセット周波数における位相雑音性能を重視しており、ミドルクラスのスペクトラムアナライザに近傍位相雑音性能を求めるお客様へ、新たな選択肢を提供します。

 

  • 近傍位相雑音性能は、一世代前のハイエンドクラス製品を凌駕
  • 短波/VHF/UHF帯の狭帯域通信装置の近傍スプリアス性能評価を充分な余裕を持って実施可能
  • 無線バックホールなどのマイクロ波無線装置の送信評価にも使用可能

ms2840a-xl
シグナルアナライザ MS2840A(9 kHz~44.5 GHz)

 

 優れた近傍位相雑音性能

アナログ無線(F3E等)や狭帯域ディジタル無線(ARIB STD-T61/T79/T80/T86/T98/T102/T115/T116/B54等)などの狭帯域無線において、新スプリアス測定(平成17年改正)の近傍帯域・帯域外領域の測定時には、スペクトラムアナライザに優れた位相雑音性能が求められます。MS2840Aは、その測定を充分な余裕を持って実施できます。

ms2840a-speana-j-s2

中心周波数 150 MHz

周波数オフセット 8 kHzにて、

-128 dBc/Hz(meas.)*2

phasenoise6

 

phasenoise5

*1:周波数150 MHz帯、空中線電力1 W超の例
*2:meas. とは、無作為に選定された測定器の実測データであり、規格値として保証するものではありません。

 

 無線機の送信特性の評価機能を標準搭載

スプリアスや占有帯域幅、隣接チャネル漏洩電力、周波数カウンタ、USBパワーセンサ接続機能など、送信特性の評価に必要な測定機能を標準搭載しています。

 

 多面的な解析に役立つ各種オプション

無線機の評価に役立つ次のオプションを用意しています。

  • ベクトル変調解析ソフトウェア(MX269017A)
  • アナログ測定ソフトウェア(MX269018A)
  • 位相雑音測定機能(MS2840A-010)
  • 雑音指数測定機能(MS2840A-017)

 

送信特性評価に対応する代表的な測定項目

 

 オーダリングインフォメーション

本体・オプション

形 名 品 名 備 考
MS2840A シグナルアナライザ 31.25 MHzの解析帯域幅を標準搭載
MS2840A-046 44.5 GHzシグナルアナライザ
MS2840A-010 位相雑音測定機能 オプション
MS2840A-017 雑音指数測定機能 オプション
マイクロ波帯プリアンプ MS2840A-068(または168)の搭載を推奨
MS2840A-068 マイクロ波帯プリアンプ オプション

測定ソフトウェア

形 名 品 名 備 考
MX269017A ベクトル変調解析ソフトウェア  
MX269018A アナログ測定ソフトウェア USB Audio A0086Cが必要

 

 

 スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ MS2840Aについてさらに詳しく

   製品詳細ページを見る
   製品カタログを見る(PDFをダウンロード)

 


関連製品
測定ソフトウェア MX2690xxAシリーズ
スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ MS2830A

form.jpg

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。