Skip to main content
MENU

モバイル・インターフェアレンス・ハンター™

MX280007A
概要

アンリツのモバイル インターフェアレンス ハンティング システム — “容易な妨害波探索”


主な構成は、アンリツのスペクトラムアナライザ、マグネットマウント式の無指向性アンテナ、Windows®タブレット、およびMX280007A モバイル・インターフェアレンス・ハンター™ソフトウェアです。その特長は次のとおりです。


  • 他のどのソリューションよりも迅速に探索を開始して、妨害波を短時間で検出します。初期設定は5分とかからず、操作性もユーザフレンドリです。強力なソフトウェアアルゴリズムは特許出願中です。
  • 方向を示す地図上のマーカを追うことで、妨害波の発信源を見つけることができます。
  • 走行ルートに加えて、信号強度のマーカと妨害波発信源の推定位置をすべて示す地図が、ダッシュボードに取り付けられたタブレットPCに表示されます。
  • LTEアップリンク帯域内での妨害波発信源、周期(またはパルス)信号、および広帯域での妨害波発信源を検出できる特別な機能があります。
  • 妨害波の推定位置が音声ガイドでドライバに指示されるため、一人で作業しても安全です。(単独作業)
  • 小型のマグネットマウント式の無指向性アンテナを使用するため、目立たずに操作できます。
  • 妨害波に歩いて近づける位置まで車で行き、その後はMA2700A ハンドヘルドインターフェアレンス・ハンターソリューションと指向性アンテナを使用して発信源を突き止めます。

アンリツのモバイル インターフェアレンス ハンティング システム — “容易な妨害波探索”

現代のワイヤレスネットワークは、ネットワークのパフォーマンスを低下させる妨害波にさらされています。通話が途切れたりつながらなかったり、データスループットといったワイヤレスサービスプロバイダにとっての問題の多くは、有害な妨害波による悪影響が原因です。オペレータは、ネットワークの容量全体を使用して需要に対応する必要に迫られています。妨害波は、経験の浅いRF保守担当者であっても、すばやく簡単に使用できるツールで、迅速に検出することが求められます。アンリツのモバイル インターフェアレンス ハンティング システムは、迅速で簡単な妨害波探索という要望に応えるものです。

Anritsu’s Mobile InterferenceHunter MX280007A is a quick and reliable way to find single or multiple sources of interference. The ability to work with multiple signal sources, reflections, RF shadows, drifting signals, bursty signals, and multi-path distinguish the Mobile InterferenceHunter MX280007A from more expensive solutions targeted at single fixed frequency interference sources.

The Mobile InterferenceHunter’s post-capture analysis capability allows users to modify search parameters without re-driving the route. This allows re-analysis of the captured data as well as consulting with experts.

The Mobile InterferenceHunter works with the broad array of Anritsu’s handheld spectrum analyzers, providing interference hunting and spectrum clearing capability from 9 kHz to 110 GHz. The Mobile InterferenceHunter is a quick, reliable, and multi-emitter enabled solution to your interference hunting and spectrum clearing needs.

Sample Mobile InterferenceHunter System Components

For a full description of the Mobile InterferenceHunter MX280007A, please see the product brochure, available under the Library tab.

By utilizing Anritsu’s proprietary interference finding algorithms, the Mobile InterferenceHunter MX280007A software will quickly determine the position estimate of an interfering signal. Once sufficient measurements are accumulated in Area Scan™ mode, the Mobile InterferenceHunter MX280007A software can create a heat map indicating the position of the interference source. The heat map becomes smaller as more measurements are taken, refining the signal location estimate.

With a user interface optimized for Windows touchscreen tablets the MX280007A software is simple to use. Features include:

  • Max Hold to find interferers which show up periodically (i.e. “radar type” signals)
  • Min Hold to find interferers buried underneath the intended signal (ideal for finding signals hidden in LTE uplink bands)
  • Squelch Control to view only signals above a certain threshold
  • Sensitivity settings from Dense Urban to Rural terrain categories
  • Area Scan mode to quickly localize the signal source
  • Choice of map sources: Google Maps, Baidu Maps, or OpenStreetMap
  • Zoom In/Out commands for desired street level view
  • Full Screen Spectrum View for better examination and analysis of the spectrum
  • Growing Breadcrumbs of the drive route that indicate higher signal strength as you drive closer to the interference source
  • Single or multiple emitter detection modes make it easy to use for any type of emitter detection application (multiple emitter mode is ideal for locating multiple cable TV interferers)
  • A spectrum clearing mode using channel power measurements that map signals above a certain power threshold
  • Integrated help system for user assistance

The Anritsu Mobile InterferenceHunter MX280007A works with many existing Anritsu handheld spectrum analyzers that are enabled with a GPS receiver. These include platforms such as Site Master™, Spectrum Master™, BTS Master™, Cell Master™, LMR Master™, Remote Spectrum Monitor, and the Spectrum Master MS2760 Ultraportable solution. No firmware updates are needed.

The Anritsu Mobile InterferenceHunter solution is designed to be best-in-class for its interference detection capability and ease of use. No other inference hunting system is as efficient and simple to use with easy set-ups for safe one-person operation.

Supported Analyzers

Product Family Instrument
BTS Master
MT8220T
Cell Master
MT8212E
MT8213E
LMR Master
S412E
Remote Spectrum Monitor
MS27101A
MS27102A
MS27103A
Site Master
S332E
S362E
Spectrum Master
MS2760A
MS2712E
MS2713E
MS2720T
VNA Master
MS2034B
MS2035B
MS2036C
MS2037C
MS2038C
アプリケーション

アンリツのモバイル妨害波探索システムは、スペクトラムアナライザの対象周波数域内で発生している妨害信号を検出することが目的です。目的の周波数がその対象範囲に含まれる、市販のマグネットマウント式の無指向性アンテナが必要です。

妨害波発生源には、次のようなものがあります(これらに限定されるわけではありません)。

意図的な発生源

  • 携帯電波妨害発生装置
  • 不適切に設置されたリピータ
  • 双方向アンプの発振
  • 不適切な帯域で動作するワイヤレスデバイス
     – ベビーモニタ
     – マイクロホン
     – 監視カメラ
  • 海賊版携帯電話
  • 不法な基地局

意図しない発生源

  • 外部PIM
  • ケーブルTVシステム
  • 蛍光灯
  • アーク溶接機
  • 工業用電子レンジ
  • 工業用RFヒータ
  • 屋外のエレベータモータ
マップ

インターフェアレンス・ハンター™ソフトウェアで使用する地図は、OpenStreetMap™を使用してアプリケーションに組み込むことができます。アンリツのWebページで、この操作を行うことができます。


アンリツのモバイル・インターフェアレンス・ハンター™システムマップ


このWebページに用意されている作成済みの地図の中から、目的の地図を選択できます。または、表示される簡単な指示に従って、OpenStreetMapを使用して独自の地図を作成することもできます。

作成した地図は、インターフェアレンス・ハンター™ソフトウェアアプリケーションのウィンドウに地図ファイルをドラッグすることによって、MX280007Aソフトウェアに組み込むことができます。 MX280007Aソフトウェアの上部にある「Settings」タブをクリックし、「Map Source」>「Open Source Maps」の順に選択しても、地図を追加できます。

または、タブレットとセルラモデムでインターネットにアクセスできる場合は、アプリケーションにGoogle Mapsをダウンロードできます。



© OpenStreetMap contributors copyright page

アクセサリ

マグネットマウント式広帯域アンテナ

形名 概要
2000-1645-R 694 MHz~894 MHz 3 dBiピークゲイン、1700 MHz~2700 MHz 3 dBiピークゲイン、N(m)、50 Ω、10 ft
2000-1646-R 750 MHz~1250 MHz 3 dBiピークゲイン、1650 MHz~2000 MHz 5 dBiピークゲイン、2100 MHz~2700 MHz 3 dBiピークゲイン、N(m)、50 Ω、10 ft
2000-1647-R ケーブル1:698 MHz~1200 MHz 2 dBiピークゲイン、1700 MHz~2700 MHz 5 dBiピークゲイン、N(m)、50 Ω、10 ft
ケーブル2:3000 MHz~6000 MHz 5 dBiピークゲイン、N(m)、50 Ω、10 ft
ケーブル3:GPS 26 dBゲイン、SMA(m)、50 Ω、10 ft
2000-1648-R 1700 MHz~6000 MHz 3 dBiピークゲイン、N(m)、50 Ω、10 ft

指向性アンテナ

形名 概要
2000-1411-R 822 MHz~900 MHz、N(f)、10 dBd、八木
2000-1412-R 885 MHz~975 MHz、N(f)、10 dBd、八木
2000-1413-R 1710 MHz~1880 MHz、N(f)、10 dBd、八木
2000-1414-R 1850 MHz~1990 MHz、N(f)、9.3 dBd、八木
2000-1415-R 2400 MHz~2500 MHz、N(f)、10 dBd、八木
2000-1416-R 1920 MHz~2170 MHz、N(f)、10 dBd、八木
2000-1617 600 MHz~21 GHz、N(f)、5 dB~8 dBゲイン:~12 GHz、0~6 dBiゲイン:~21 GHz、対数周期
2000-1659-R 698 MHz~787 MHz、N(f)、8 dBd、八木
2000-1660-R 1425 MHz~1535 MHz、N(f)、12 dBd、八木
2000-1677-R 300 MHz~3000 MHz、SMA(m)、50 Ω、3 mケーブル(9.8 ft)、0~6 dBiゲイン:950 MHz、対数周期
2000-1715-R 698 MHz~2.5 GHz、バイブレード
2000-1726-R 2500 MHz~2700 MHz、N(f)、12 dBd、八木
2000-1747-R 300 MHz~5000 MHz、N(f)、対数周期
2000-1748-R 1 GHz~18 GHz、N(f)、対数周期

GPSアンテナ

形名 概要
2000-1528-R GPSアンテナ、SMA(m)、5 m(15 ft)ケーブル、DC5 Vが必要
2000-1652-R GPSアンテナ、SMA(m)、0.3 m(1 ft)ケーブル、DC3.3 VまたはDC5 Vが必要

バンドパスフィルタ

形名 概要
2000-1734-R バンドパスフィルタ、699 MHz~715 MHz、50 Ω、タイプN(m)、N(f)
2000-1735-R バンドパスフィルタ、776 MHz~788 MHz、50 Ω、タイプN(m)、N(f)
2000-1736-R バンドパスフィルタ、815 MHz~850 MHz、50 Ω、タイプN(m)、N(f)
2000-1737-R バンドパスフィルタ、1711 MHz~1756 MHz、50 Ω、タイプN(m)、N(f)
2000-1738-R バンドパスフィルタ、1850 MHz~1910 MHz、50 Ω、タイプN(m)、N(f)
2000-1739-R バンドパスフィルタ、880 MHz~915 MHz、50 Ω、タイプN(m)、N(f)
2000-1740-R バンドパスフィルタ、1710 MHz~1785 MHz、50 Ω、タイプN(m)、N(f)
2000-1741-R バンドパスフィルタ、1920 MHz~1980 MHz、50 Ω、タイプN(m)、N(f)
2000-1742-R バンドパスフィルタ、832 MHz~862 MHz、50 Ω、タイプN(m)、N(f)
2000-1743-R バンドパスフィルタ、699 MHz~715 MHz、50 Ω、タイプN(m)、N(f)
2000-1798-R ポートエクステンダ
2000-1799-R バンドパスフィルタ、2305 MHz~2320 MHz、50 Ω、タイプN(m)、N(f)

その他

形名 概要
3-2000-1498 USB A-mini Bケーブル、10 ft(305 cm)
806-141-R 自動車用電源アダプタ、DC12 V、60 W
MA2700A インターフェアレンス・ハンター™ハンドヘルド方向検出システム
ライブラリ
ビデオ
WTP2016-RSM.mp4

無線モニタリングの市場動向と、アンリツの電波監視ソリューション
このビデオでは、無線モニタリングの市場動向と、アンリツの電波監視ソリューションについて紹介します。

モバイルインターフェアレンスハンティングシステム

モバイル・インターフェアレンス・ハンティングシステム
モバイルインターフェアレンスハンティングシステムは、市販のアンテナを使い、迅速かつ効率的に妨害波の特定を行うことが出来ます。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。