Skip to main content

400G対応ネットワークテスタ MT1040Aの販売を開始

2020/07/22
装置検証から開通/保守まで対応可能なポータブル400Gイーサネット測定器

20200317-mt1040a

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、400Gネットワークの評価に対応したネットワークマスタ プロ MT1040Aを開発。7月22日から販売いたします。

今回開発したMT1040Aは、バッテリー駆動で持ち運びが可能なため、フィールド試験に最適な400Gイーサネット測定器です。400Gイーサネットだけではなく、10M~100Gインタフェースを同時に実装することができ、アクセス/メトロネットワークからモバイルフロントホール/バックホール、データセンターの伝送品質試験(BER測定、スループット測定、フレームロス/遅延測定等)が行えます。

さらに操作性に優れたGUI、ネットワークを経由したリモート制御機能、自動試験機能を搭載しており、測定効率向上に寄与します。

アンリツは、400Gイーサネット対応のMT1040Aの販売を開始することにより、高速ネットワークの普及、回線開通・保守のコスト削減、サービス品質向上に貢献してまいります。

開発の背景

5Gサービスの開始、クラウドコンピューティングの普及にともない、通信トラフィックは増加し続けています。また、テレワーク、オンライン授業の急速な普及により通信帯域の増強はオペレータの喫緊の課題となっています。通信帯域の増強のために400Gイーサネットは重要なテクノロジーとなっており、回線の開通、保守業務のため、測定現場への持ち運びが容易な小型の400G対応測定器の需要が高まっています。

アンリツは従来から、ネットワークやデータセンター用の測定器として、100Gbpsまでの通信速度に対応したMT1000Aを販売しています。400Gネットワークの普及に対応すべく、業界最小クラスのB5サイズという大きさで、開通・保守試験を手軽に効率よく行えるソリューションを開発いたしました。

製品概要

MT1040Aは、10Mbpsから400Gbpsまでの通信速度で運用される各種ネットワークの通信品質を評価できるポータブル測定器です。

400Gイーサネットでは、エラー訂正機能(FEC[※1])が常時使用され、FEC評価が必要になります。MT1040Aは、400Gイーサネット FEC解析機能を搭載しており、400Gのインタフェースとして広く使われるQSFP-DD[※2]OSFP[※3]などの光モジュールの品質評価や400G装置の性能評価が可能です。

また、光ファイバの障害検知用測定モジュールとしてMT1000A用OTDRモジュールも同時に実装でき、光ファイバ線路測定も可能です。さらに、インターネットクラウドサービス SORAを利用した遠隔操作や、複数の試験の合否判定までを1ボタンで実行できる自動試験機能により、測定現場における試験作業の効率化に貢献します。

この製品をもっと詳しく

このソリューションをもっと詳しく

主な特長

1台で様々な通信ネットワークの評価が可能

MT1040Aは、イーサネット、OTN、eCPRI/RoE/CPRI/OBSAI、ファイバチャネル、SDH/SONETに対応しています。これにより、1台のMT1040Aで、最新の光通信規格から既存のデジタル通信規格が混在する通信ネットワークのBER測定、スループット測定、フレームロス/遅延測定が行えます。

自動試験、リモート制御によって測定作業の効率化を実現

MT1040Aは、外部PCなどの制御装置を使用することなく、単体で自動試験および自動合否判定ができます。測定器の操作に不慣れな作業者でも、最小限の操作でネットワーク試験および結果の合否判定、レポート作成までを簡単に行うことができます。また、インターネットクラウドサービス SORA を使用すると、簡単にリモート制御ができ、開通試験の効率化やトラブルが発生した場合の迅速な対応が行えます。

対象市場・用途

対象市場
通信事業者、通信ネットワーク工事会社、通信設備保守会社、ネットワーク機器ベンダ
用途
通信ネットワーク、データセンターの開通・保守・トラブルシューティング

用語解説

[※1] FEC
Forward Error Correctionの略。データ転送における誤り検出訂正方式の一種で、データ送信時に誤り訂正用の符号をあらかじめ付与することにより、受信者は再送要求しなくても、誤りを検出・訂正できます。
[※2] QSFP-DD
Quad small form-factor pluggable Double Densityの略。QSFP-DD MSAグループによって定義された高速プラガブルモジュールフォームファクタ。400Gをサポートし、アダプタを使用することなくQSFP28と下位互換性がある。
[※3] OSFP
Octal Small Form-factor Pluggableの略。OSFP MSAグループによって定義された高速プラガブルモジュールフォームファクタ。最大800Gをサポートし、放熱版を実装した設計となっておりより大きな消費電力にも耐えられる。

関連リンク

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.