Skip to main content
MENU

Huawei社がNB-IoT用測定器としてMT8870Aを認定

2018/03/28
NB-IoTチップセットの製品品質・製造効率の向上に貢献

mt8870a-02

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、Huawei 社が、NB-IoT[※1]チップセットの製造用測定器として、ユニバーサルワイヤレステストセットMT8870Aを認定したことをお知らせいたします。

MT8870Aは、Huawei社製のIoT用NB-IoTチップセットであるHi2110とHi2115に対応しており、RFキャリブレーション[※2]から評価までをサポートします。

Huawei社は、アンリツの MT8821C/MT8870A シリーズが長年にわたって培ったRF試験技術と評価デバイス制御の組み合わせにより、Hi2110/Hi2115の品質と製造効率を向上させることができることを評価しました。


Huawei社は、今回の採用について、次のように述べています。

「MT8870Aは、開発・製造において、Huawei社製のチップセットの校正から評価のすべてをサポートし、要求される精度と再現性を満たすことが実証されました。また、すでに我々の主要顧客の数社で導入されており、製造市場の要求や可用性の期待に応えることが確認されています。アンリツのMT8870Aを使用することで、NB-IoTデバイスのRFキャリブレーションと評価の信頼性が向上します。」


アンリツの計測ビジネスグループプレジデント 濱田宏一は、次のように述べています。

「アンリツは組み込み無線技術のRFキャリブレーションと評価を行うIoTモジュール・デバイスベンダーに革新的なソリューションを提供します。MT8870A RF テストソリューションと組み合わせたHuaweiのチップセットとテストソフトウェアは、業界最速のテスト時間を実現し、競争が激しいワイヤレスIoT市場において、大きなコスト削減に貢献します。」

MT8870A製品概要

ユニバーサルワイヤレステストセットMT8870Aは、各種無線通信機器、モジュールの量産用測定器です。本体シャーシに4つの高性能テストユニットを搭載できます。それぞれのユニットで完全に独立した並列測定を実現しており、最大4台の無線通信機器、モジュールを同時かつ業界最高水準の速度で評価できます。

[製品情報]


用語解説

[※1]NB-IoT
IoT機器向け通信カテゴリー。通信速度100 kbps程度と低速で、使用する周波数帯域は180 kHz幅と非常に狭く、IoTでの利用に適している。
[※2]RFキャリブレーション
NB-IoTチップセットのRF送受信性能の補正を行うこと。補正対象には、周波数補正、レベル補正などがあります。





Huaweiについて

Huaweiは、世界有数の情報通信技術(ICT)ソリューションプロバイダーです。Huaweiの目的は、より良いつながりのある世界、責任ある企業市民としての役割、情報社会の革新的な発展を支え、業界への貢献を通じて、人生を豊かにし、効率を向上させることです。 Huaweiは、顧客中心のイノベーションとオープンなパートナーシップにより、テレコム、エンタープライズネットワーク、デバイス、およびクラウドコンピューティングにおいて競争優位性をもたらすエンドツーエンドのICTソリューションポートフォリオを確立しました。世界18万人の従業員は、通信事業者、企業、消費者に対して、最大の価値を創造することに全力を尽くしています。Huaweiの革新的なICTソリューション、製品、およびサービスは、世界の人口の3分の1以上を占める170以上の国や地域で使用されています。 Huaweiは1987年に設立された民間企業です。

詳細については、www.huawei.comからオンラインでHuaweiにアクセスするか、https://www.linkedin.com/company/Huawei, https://www.twitter.com/Huaweiでフォローしてください。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。