Skip to main content

ハイスピードPAM4 BER測定ソリューション

One box over 400G Testing

【動画】シグナルクオリティアナライザ-R MP1900A PAM4 Solution 3分20秒
ビットエラーレート測定、クロストーク試験、ジッタトレランス試験など、より正確なシグナルインテグリティ解析を実現します。

PAMの測定を支える3つの特長

高品質

拡張性

All In One

What’s New
2021/3/15 ー 「FEC Analysis - PAM4 ED MU196040B」が商品化されました。

download リーフレットを見る download 製品紹介を見る

PAM測定で必要となる機器を1台に集約
高品質出力波形で測定効率向上をサポート

PAM4 テストソリューション

高品質

高速Tr/Tf、低残留ジッタの高品質なデータ出力

PAM4 PPG MU196020Aは、Tr/Tf 8.5ps、残留ジッタ 170 fs rms、高アナログ帯域、低ノイズ、低歪の高品質なデータ出力を実現しました。これにより、広いアイ開口のPAM4波形を発生でき、再現性の高い測定をサポートします。

NRZ波形
58 Gbit/s PRBS15 出力代表波形
(J1789A 40 cmケーブル、差動1400 mV)
PAM4 波形
53.125Gbaud PRBS15 出力波形
(J1789A 40 cmケーブル、差動)

最大20 dBの4タップエンファシス出力

MU196020Aに内蔵の4タップエンファシス(オプション)は、最高レート64.2 Gまでの各種規格で求められるプリエンファシス信号/ディエンファシス信号を生成できます。各タップを独立に最大20 dBまで可変できるため、さまざまな伝送路の損失を補償した波形を再現性よく出力できます。

PAM4 エンファシス

高感度入力性能により116 Gbit/sのPAM4信号でエラーフリーBER測定が可能

PAM4 ED MU196040Bは、PAM4 PPGと組み合わせて116 Gbit/s(58 Gbaud)PAM4信号のBER測定ができます。
業界最高の感度性能23 mV @26 Gbaud、36 mV @53 Gbaudはエラーフリー測定を実現します。これにより、確度の高いBER測定を行うことができるため、これまで原因切り分けが困難だったPAM4デバイスのトラブルシートをシンプルで簡単に行えます。また、CEI-112G-VSRで規定されるワーストケースのストレス信号でも、規定を上回る低エラーレート(<E-8)で受信できるため、DUTの実力を検証できます。

Eye Height 23 mV @26 Gbaud、36 mV @53 GbaudのPAM4信号でエラーフリーを実現
Eye Height 23 mV @26 Gbaud、36 mV @53 GbaudのPAM4信号でエラーフリーを実現
CEI-112G-VSR規定ワーストケースのPAM4ストレス信号
CEI-112G-VSR規定ワーストケースのPAM4ストレス信号
PAM4 BER測定画面
PAM4 BER測定画面

オートサーチ機能

Upper、Middle、Low Eyeの測定ポイント(電圧しきい値、位相)だけでなく、最適なEqualizerの設定を自動で検出し最良なBER結果に必要な条件を自動検出できます。またPAM4 SymbolのLogicやGray Cordingの状態を自動的に検出し入力されたPAM4 Symbolのコーデイングに応じたパターン条件を自動的に判別し、より効率的な測定環境を提供します。

MP1900A オートサーチ機能

拡張性

MP1900Aシリーズは、8スロットモジュラー式の高性能BERTです。
64G PAM4 PPGモジュールを複数枚挿入することで400GbEのみならず将来の800Gの測定にも対応できる性能を備えています。
柔軟な拡張性により、お客様の開発投資の効率化と商品の早期市場投入に貢献します。

NRZソリューション
PAM4ソリューション
PAM3ソリューション
 

All In One

外部機器が不要な新世代の64Gbaud One Box BER測定ソリューション

8スロットの筐体には、PPG/ED、シンセサイザ、ジッタ変調源、ノイズジェネレータなど、多様なモジュールの組み合わせができます。
外部機器を使用しない、コンパクトかつコストパフォーマンスの高い新世代のOne Box測定ソリューションを提供します。

外部機器が不要な新世代の 64Gbaud One Box BER測定ソリューション

PAM4信号のジッタトレランステストをMP1900A 1台で実現

PAM4ジッタトレランス試験

リアルタイムFECシンボルエラー測定とFEC基準のジッタ耐力測定機能

ビットエラー測定と同時に、Uncorrectable Codeword、FECシンボルエラーをリアルタイムに測定し、一画面に表示します。FEC訂正可能かどうかを基準に、ジッタ耐力測定、FECシンボルエラー per Codeword分布測定をサポートします。(MU196040B-042)

ビットエラー、FECシンボルエラー両測定を高感度で実現します。

MP1900A、リアルタイムFECシンボルエラー測定とFEC基準のジッタ耐力測定機能 FEC Analysis リーフレット >

FECシンボルエラーの検出、解析をサポート

FECシンボルエラー数がしきい値設定を超えたタイミングで入力データをキャプチャします。取り込んだデータから、訂正不可能なエラーの要因を解析できます。

FECシンボルエラーの検出、解析をサポート

Eye Contourによるマージン測定をサポート

入力信号のEye開口をバスタブ推定を基に高速に測定します。
NRZだけでなく、PAM4 SymbolのUpper/Middle/Lowerを同時に測定し、E-20までの推定BERで、より確かなEyeマージンの特性評価をサポートします。

MP1900A_ Eye Contourによるマージン測定

Ethernet/PCIe One Box測定をサポート

PAM4測定に加え、高速化が進むPCI-Express Gen1~5測定をOne Boxで構築可能
規格化されたPCIe 5.0までのProtocol Awareリンクトレーニングに対応し*1、将来のPCIe 6.0で定義されたPAM4シンボルのエラー測定、ジッタトレランステストをOne BOXでサポートし、PCIe初期検証に貢献します*2

MP1900A Ethernet/PCIe One Box測定

*1:詳細はセレクションガイド「MP1900A-J-Z-1」を参照してください。
*2:PCIe 6.0のリンクトレーニングの対応に関しての詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

ジッタ・ノイズの種類   *:ノイズ付加の上限レートは32.1Gです

正弦波ジッタ(SJ)
正弦波ジッタ(SJ)
ランダムジッタ(RJ)
ランダムジッタ(RJ)
CM/DMノイズ
CM/DMノイズ
Whiteノイズ
Whiteノイズ

ジッタトレランステスト機能(MX183000A-PL001)

  • 汎用性の高いジッタ耐力測定可能
  • SJ/RJ/BUJを印可し PHYデバイスのジッタ耐力試験が可能
  • 各種規格に応じたマスク測定が可能
  • 1E-12、1E-15などの低エラーレート推定機能により、測定時間短縮に貢献
  • Binary、Upward、Downward、Binary + Linearの4種類の追い込み方法により、デバイス特性に応じた耐力点を測定が可能
  • IEEE802.3、CEIなどの200G/400G向けジッタトレランスマスク規格を標準実装
  • ユーザ自身でマスク作成ができ、新規格にも対応可能

シグナル クオリティ アナライザ-R MP1900Aについてさらに詳しく

関連ソリューション

PAM4技術概要ポスター(英文)プレゼント

PAM4技術概要ポスター申込み お申込み

製品について詳しく

mp1900a-signalqualityanalyzer-small
シグナル クオリティ アナライザ-R MP1900A

見積請求

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.