Skip to main content
MENU

発振器、発振モジュールを評価する、高性能な位相雑音を実現

-140 dbc/Hzと研ぎ澄まされた性能をお求めやすい価格で

研ぎ澄まされたアナログ性能・・・
アンリツは、スペクトラムアナライザの原点をみつめなおしました。

シグナルアナライザ MS2840Aは、スペクトラムアナライザの基本性能を決める位相雑音性能を格段に向上した製品です。
その性能は、-140 dBc/Hz(@10 kHz offset 150 MHzにて)と、ハイエンドクラスの性能も凌駕するミドルレンジのスペクトラムアナライザです。

測定周波数150 MHz 10kHzオフセット
スペクトラム表示

昨今の測定器は、通信の広帯域化に合わせた製品を中心にリリースされることが多く、位相雑音性能の良いスペクトラムアナライザは、ハイエンドクラスの製品に限られ、高価な測定器となっていました。そのため、一世代前の位相雑音性能の良いスペクトラムアナライザが長い間、重宝されて使われています。アンリツは、この点に注目し、位相雑音性能を極限まで改善したシグナルアナライザ MS2840Aをリリースしました。

発振器や発振モジュールを評価するために必要なワンランク上の位相雑音性能の良いスペクトラムアナライザを比較的お求めやすい価格で導入できます。

 

位相雑音性能によるポジショニング

位相雑音性能によるポジショニング

LMRなどの狭帯域無線機、各種レーダ、アナログ無線機の開発用途など、発振器を中心としたアナログ回路を評価するために、必要な1台が、このシグナルアナライザ MS2840Aです。新規導入はもちろん、老朽化した測定器の置換に是非ご検討ください。

 

シグナルアナライザMS2840Aに置き換えるメリット

メリット1    ハイエンドクラスを凌駕する位相雑音性能 -140 dBc/Hz

メリット2    レベル確度、測定スピードも改善

メリット3    OBWやACPなど各種無線試験機能もワンボタン実行。操作が難しかった国内スプリアス試験も簡単に実行

スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ MS2840Aについてさらに詳しく

資料ダウンロード

メールマガジンのご案内

form.jpg

関連ビデオ
PLLシンセサイザ設計評価の勘どころ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。