Skip to main content

PCI Express 5.0の試験システム

テクトロニクスとアンリツソリューション

アンリツ株式会社は、テクトロニクス社と協業し、PCI Express 5.0 テストソリューションを提供します。

MP1900A and DPO70000SX

5G(第5世代通信システム)によるデータ通信量の増加に伴い、データセンタも、高速大容量のデータを処理する必要性がますます高まっています。これにともない、データセンタを構築する伝送装置、サーバ、ストレージなどの内部インタフェースとして導入されているPCI Expressは、PCIe 5.0(32G T/s)が規格化され、コンプライアンステストが2021年から開始されます。

アンリツ製品であるシグナルクオリティアナライザ‐R MP1900Aとテクトロニクス製品であるATIパフォーマンス・オシロスコープDPO70000SXシリーズを統合したソリューションはPCI Express 5.0の試験システムを提供し、業界の発展に寄与します。

主な特長

レシーバテスト

  • 完全自動化ストレスドEyeキャリブレーション
  • リンクトレーニング/イコライゼーションおよびLTSSM解析
  • 高速BERT 2.4 Gbit/s~32.1 Gbit/s
  • 最大10タップのエンファシス機能
  • 12 dB CTLEとクロックリカバリ機能

トランスミッタテスト

  • トランスミッタプリセットおよび信号品質テスト用の伝送波形の自動収集・解析
  • 13 GHz~70 GHz帯域のオシロスコープモデル
  • 統合Eyeダイアグラムおよびジッタ解析ツール

PCI Express Automationソリューション

MP1900AとDPO70000SXの組み合わせにより、PCIe 5.0の複雑なCalibrationやコンプライアンステストを完全自動化可能

MP1900AとDPO70000SXの組み合わせにより、PCIe 5.0の複雑なCalibrationやコンプライアンステストを完全自動化可能

テストの完全自動化

テクトロニクス社のソフトウェアは、PCIeトランスミッタ、レシーバ、およびリンクイコライゼーションのコンプライアンステストのため、DPO70000SXおよびSQA-R MP1900Aすべてに必要な自動化制御を実行します。

MP1900Aと DPO70000SX、テストの完全自動化

洗練されたテスト機能

32G T/sに高速化されたPCI Express 5.0では、これまで以上に詳細なシグナル・インテグリティ検証が重要になります。
MP1900Aは、柔軟性のあるPCI Expressリンクイコライゼーション機能とリンクトレーニング分析機能を備えており、完全なLTSSM制御、ナビゲーション、およびトリガ生成により問題個所を特定できます。
DPO70000SXは独自技術である非同期タイム・インターリーブ(ATI)アーキテクチャにより低ノイズで正確な信号取り込みを可能とし、Eye解析、ジッタ、ノイズ解析ツールとの組み合わせで信号品質を解析し、包括的なシグナル・インテグリティのデバックプラットフォームを提供します。

MP1900Aと DPO70000SX、洗練されたテスト機能MP1900Aと DPO70000SX、洗練されたテスト機能

シグナル クオリティ アナライザ-R MP1900Aについてさらに詳しく

テクトロニクスのオシロスコープについてさらに詳しく

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.