Skip to main content
MENU

AOC/Backplane Deviceのストレスジッタ耐力評価

AOC/Backplane Deviceのストレスジッタ耐力評価


AOC/Backplane Deviceのストレスジッタ耐力評価


エンファシス発生

Active Optical Cable(AOC)やBackplane Deviceの電気IFには、伝送路の損失を補償し、Eye Openingを回復する必要があります。
MP1861Aは、2ch同期機能とMZ1854A Combinerにより、エンファシス信号の発生ができます。

Emphasis発生
2ch同期、1ビット遅延、反転加算によるエンファシス波形生成




クロストークの影響確認

56 Gbit/sクラスの信号を処理するには論理検証だけでなく、実機検証が必要となります。MP1800Aは、パターン同期、各CH独立位相可変を実現しているため、AOCやBackplaneのクロストークの影響などを容易に実機検証できます。

スキュー、クロストークの影響確認




ジッタトレランス試験

ジッタ変調源 MU181500Bは、SJ(2種類同時)、RJ、BUJ、SSCを個別または同時に付加できるため、さまざまな規格に対応したジッタトレランス試験ができます。

ジッタ変調源 MU181500B 設定画面
ジッタ変調源 MU181500B 設定画面
ジッタ/ノイズ トレランス テスト ソフトウェア MX181500A 設定画面
ジッタ/ノイズ トレランス テスト ソフトウェア MX181500A 設定画面

 

正弦波ジッタ(SJ)
正弦波ジッタ(SJ)
ランダムジッタ(RJ)
ランダムジッタ(RJ)
有界非相関ジッタ(BUJ)
有界非相関ジッタ(BUJ)
ハーフピリオドジッタ(F/2ジッタ)
ハーフピリオドジッタ(F/2ジッタ)




バスタブジッタ解析

DEMUX標準搭載のClock Delay機能により、バスタブジッタ解析(TJ、RJ、DJ分離)ができます。

バスタブジッタ


アイダイヤグラム解析

DEMUX標準搭載のClock Delay機能により、位相に対するビットエラーレートの変化から、短時間の測定で1E-12、1E-15などの低ビット誤り率も予測できます。

バスタブジッタ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。