Skip to main content
MENU

6.25 kHz、狭帯域化への「答え」:業務用無線に対応する近傍位相雑音性能

6.25 kHz、狭帯域化への「答え」

業務用無線の通信分野では、周波数の利用効率を高めるため、チャネル間隔が狭められ、米国では、2017年に多くの業務用無線が6.25 kHz/chへ移行されることに伴い、ディジタル化が促進されています。
また、国際電気通信連合(ITU-R)や米国通信工業会(TIA)で規定されている帯域外領域スプリアス測定や隣接チャネル漏洩電力(ACPR)測定などの規格は非常に厳しく、今までは近傍位相雑音性能が優れた高価なスペクトラムアナライザが必要でした。
アンリツは、シグナルアナライザ MS2830Aに低位相雑音オプション MS2830A-066を用意し、低価格ながらハイエンド・スペクトラムアナライザと同等レベルの近傍位相雑音性能を実現しました。
業務用無線機器の測定の悩みを解決し、生産・検査工程における課題に応えます。

高価なハイエンド・スペクトラムアナライザは、もう不要です。


ハイエンド・スペアナでしか測定できなかった厳しい規格をクリアする近傍位相雑音性能-125dBc/Hz (typ.) 周波数:220MHz オフセット:10kHz
MS2830Aは、アンリツ独自の特殊な回路方式を採用した位相雑音オプションにより、ハイエンド・スペクトラムアナライザと同等レベルの近傍位相雑音性能を実現しています。
帯域外領域スプリアス、隣接チャネル漏洩電力(ACPR)、エミッションマスクなど、厳しい要求規格に対して充分なマージンを確保した性能を提供でき、無線機器の生産・検査工程において、「高価なハイエンド・スペアナを使用しなければならない」という悩みを解決します。


帯域外スプリアス測定(TELEC)の一例
ACPR測定(TIA-102/603)の一例
ハイエンド・スペクトラムアナライザ並み
(クリックで拡大)


タクトタイム削減、歩留まり改善

MS2830Aに搭載される低位相雑音オプションは、業務用無線で使用される周波数帯域における近傍位相雑音性能にのみフォーカスしています。そのため、高価なハイエンド・スペクトラムアナライザと同等の近傍位相雑音性能を「1/3」の低価格で実現しています。
レベル確度や測定速度などの基本性能にも優れ、生産・検査工程における設備コスト低減、タクトタイム削減、歩留まり改善などの課題に貢献します。
*:一般的なハイエンド・スペクトラムアナライザとの比較


測定速度、レベル確度



 業務用無線機器測定に関してさらに詳しく
link.jpg    テクニカルノート 「狭帯域・ディジタル化に伴う無線機器の測定に対応するスペクトラムアナライザ」を請求する

 MS2830Aシグナルアナライザをさらに詳しく
link.jpg    紹介ビデオを見る
products.jpg    製品詳細ページを見る
download.jpg    カタログを見る

 

 

 メールマガジンのご案内

link.jpg    製品、ソリューション、イベントなど、旬な情報をお届けしています。⇒ご登録はこちら
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。