Skip to main content
MENU

Bluetooth 5とは

Bluetooth 5

IoTの普及とともにウェアラブル機器やセンサ、メータなど無線技術を使用したアプリケーションを目にするようになりました。現在ではほとんどのタブレットPC、スマートフォン、ノートパソコンにはBluetooth®デバイスが搭載されています。

2010年にリリースされたBluetooth 4.0では、従来機能(Classic)に加えて大幅に低電力化した機能「Bluetooth Low Energy(BLE)」が追加され、文字通り低消費電力であるこの方式はボタン電池ひとつで数ヵ月から数年の間、デバイスを動作できるようになりました。

そして、2016年12月、Bluetooth SIGは最新バージョン「Bluetooth Core Specification v5.0」をリリースしました。

Bluetooth 5でどう変わる?

Bluetooth 5では、BLEの特長である低消費電力を維持しつつ、通信範囲の拡大、通信の高速化、メッシュ機能の採用、ブロードキャスト機能の拡充など、いくつかの改良がおこなわれています。
通信範囲を拡張するオプション(BLR)ではBluetooth 4.2の1 Mbpsから500 kbps、125 kbpsへ伝送レートを低くしたことと、誤り訂正能力を向上させたことでこれまでより通信可能距離が向上します。

伝送レートをBLEの2倍に高めるオプション(2LE)では高速でのデータ伝送という特長を生かし、高音質でのヘッドフォンやスピーカセットでの利用が見込まれています。従来のコードでつないだイヤホンやヘッドフォンよりもBluetooth技術を利用して無線化したものが主流になった国もあります。
2LEの規格化により、この動きをさらに加速させるものと注目されています。

Wider Area Network with mesh topology

このほか、アドバタイズチャネルのデータ長が拡張されました。これにより位置情報やビーコン、ナビゲーションなど新たな情報提供のサービスの展開が可能になるとみられています。例えば、ビルの中や地下などに設置したBluetoothセンサを使ってGPSの信号が届かないエリアでも位置情報を提供し目的地へ案内できるようになります。

さらに今回の規格改定でメッシュ機能が追加されました。この機能によりこれまでデバイスなどの1対1間の通信が、バケツリレーのように近隣のデバイスから得た情報を別のデバイスへ伝送できるようになります。BLRで通信距離が延びたのに加え、このメッシュ機能によりさらに通信可能距離が拡張します。これまでは、個々のデバイスは近くのデバイスとしか通信できませんでしたが、メッシュ機能を使うことで遠くに情報を伝える場合でも低消費電力を維持できます。

上にも述べたようにほとんどのタブレットPC、スマートフォン、ノートパソコンにはBluetoothデバイスが搭載されていますが、これまでは数メートル以内で1対1の通信にとどまっていました。しかしBluetooth 5の規格化により、1台のスマートフォンで家の中の各部屋の照明のOn/Offや室温のモニタとエアコンの温度調節、あるいはオーディオセットをコントロールし、無線化されたスピーカから音楽を聴くことができるようになるのも遠い将来のことではありません。

bluetooth5-fig

 

アンリツの活動は?

アンリツは標準規格団体に参画し、国際標準規格づくりの一翼を担っています。さらにこの活動で蓄積した知識、お客さまとの強固なパートナーシップをソリューション開発に生かしています。

<アンリツが参画している標準規格団体>
Bluetooth SIG https://www.bluetooth.com/ja-jp

 

どうやって評価する?

Bluetooth テストセット MT8852Bについてさらに詳しく

IoT市場のその他のアンリツソリューション

Bluetooth 5 なら、アンリツ。

form.jpg

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。