Skip to main content
LTE V2X PC5 Communication Software MX725000A

LTE V2X PC5 通信ソフトウェア

MX725000A
LTE V2X PC5 通信ソフトウェア MX725000Aは、V2Xエミュレータ、GNSSシミュレータ、 リファレンスと組み合わせることで、PC5インタフェースを経由したV2VやV2Iの通信機能試験を行えます。
overview

LTE V2X PC5 通信ソフトウェアは、今後普及が見込まれるセルラV2X(C-V2X)に向けて、ITSバンド上でのPC5インタフェースを経由したV2VやV2Iの通信機能を検証するソリューションです。Tata Elxsi社などパートナー社様との提携により、実際の道路地形に沿ったフィールドシナリオをもとにマップ上で複数台の車両を走らせる状態でアプリケーションレベルのシミュレーションすることが可能です。安全で再現性の高いフィールド走行テストの機能評価をラボ内でリーズナブルに行えます。

主な機能

  • リファレンスモジュール(Qualcomm® 9150)を使用したPC5(C-V2X)通信機能検証
  • 各国ITSスタンダードで定義されている代表的な14のユースケース
  • 視覚的なビューによる簡単なシナリオ解析
  • 最大5台同時シミュレーションが可能

今後普及が見込まれるセルラV2X(C-V2X)に向けて、ITSバンド上でのPC5インタフェースを経由したV2VやV2Iの通信機能の開発が進んでいます。これまで、通信機能の評価には非常に高価な機材と試験シナリオのプログラムが必要で、開発エンジニアは十分な評価系と評価時間を確保できませんでした。

本ソリューションは、C-V2X通信リファレンスモジュール、GNSSシミュレータ、TATA Elxsi V2X エミュレータとアンリツ製のLTE V2X PC5 通信ソフトウェアを連携させることで、プログラム不要でグラフィカルなPC5通信評価をリーズナブルに実現し、C-V2Xの開発工数低減に貢献します。

製品の構成

LTE V2X PC5 Communication Software MX725000A

control screen of V2X solutions

機能/トラフィックシナリオ

FCW (Forward Collision Warning) SVW (Stationary Vehicle Warning)
ICW (Intersection Collision Warning) EVW (Emergency Vehicle Warning)
HLN (Hazardous Location Warning) CACC (Cooperative Adaptive Cruise Control)
BSW (Blind Spot Warning) LTA (Left Turn Assist)
DNPW (Do Not Pass Warning) AVW (Abnormal Vehicle Warning)
EBW (Emergency Brake Warning) CLW (Control Loss Warning)
SLW (Speed Limit Warning) GLOSA (Green Light Optimized Speed Advisory)

ユースケース例

UsageCases
ライブラリ
ビデオ
Anritsu Turn Key Solution for C-V2X Function Test

Anritsu Turn Key Solution for C-V2X Function Test
Video introduces the turn key solution for C-V2X function test which supports typical national use cases defined by the ITS standards.

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.