Skip to main content
MENU
Image of MW82119A

PIM マスタ

MW82119A
この製品は製造中止となっております。 代替品の形名: MW82119B
概要

Battery-operated, high power Passive Intermodulation (PIM) testing solution. The MW82119A PIM test solution allows operators to adjust output power from +25 dBm (0.3 Watts) to +46 dBm (40 Watts).

PIMマスタ MW82119A バッテリー動作の高電力パッシブ相互変調 (PIM)アナライザ


  • 小型: 350mm x 314mm x 152mm
  • 軽量: 9.0kg~12.2kg (周波数帯による)
  • バッテリー動作: DC12Vリチウムイオンバッテリー
  • 出力パワー: 25dBm(0.3W)~46dBm(40W)
  • 標準3年保証 (但し、バッテリーは1年保証)
アプリケーション

PIMは相互変調歪みの1つであり、通常線形であると考えられている受動部品であるフィルタ、結合器、サージプロテクター、ケーブル、コネクタ、アンテナ等で発生します。しかし、これら受動部品であっても、高出力のRF信号を取り扱う携帯電話通信システムで使われると、スプリアス信号を生成します。

PIMは、非線形デバイス内での2以上のRF信号の混合により生成され、一式の不要な信号として現れます。PIMを発生させる非線形デバイスとは、ゆるんだコネクタ、腐食したコネクタ、コネクタ近傍のさび等です。PIMは、"ダイオード効果(diode effect)"、"錆びたボルト効果(rusty bolt effect)"と言われる効果で発生します。

下記のような症状は、PIMの問題が発生している可能性を示します。

  • 受信感度の低下(ノイズフロアの増加)
  • ダイバシティ受信に関する警報
  • 送信スペクトラムマスクの帯域内スプリアス
  • 過度なドロップコールやブロックコール
  • 基地局のサービスエリアの減少
  • 隣接する基地局オーナーからの干渉に関する苦情
オプション

 

オプション 商品名 注文番号
オプション 700 LTE 700MHz MW82119A-0700
オプション 800 LTE 800MHz MW82119A-0800
オプション 850 Cellular 850MHz MW82119A-0850
オプション 900 E-GSM 900MHz MW82119A-0900
オプション 180 DCS 1800MHz MW82119A-0180
オプション 193 PCS/AWS 1900/2100MHz MW82119A-0193
オプション 210 UMTS 2100MHz MW82119A-0210
オプション 260 LTE 2600MHz MW82119A-0260
オプション 19 高精度パワーメータとの接続機能 (別売のUSBセンサが必要) MW82119A-0019
オプション 31 GPS受信機能 MW82119A-0031
オプション 99 プレミアム校正証明書 (データ付) MW82119A-0099
ライブラリ
ビデオ
マスターシリーズ

フィールド用計測器 マスタシリーズ
アンリツの高性能ハンドヘルドスペクトラムアナライザはフィールド測定における業界のスタンダードです。 ここでは、第9世代となるスペクトラムマスタを紹介します。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。