Skip to main content
MENU

JATEがアンリツの5G NRテストシステムを採用して電気通信事業法に基づく技術基準適合認定試験を実施

2020/04/14
国内における5G NRデバイスの販売開始に貢献

ME7834NR

(上記写真のME7834NRは標準的な構成品であり、オプションにより異なる場合があります)

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、一般財団法人 電気通信端末機器審査協会(JATE)が、当社の5G NRプロトコルテストソリューションを採用し、5G NRデバイスの技術基準適合認定[※1]用測定器として使用していることをお知らせいたします。

端末機器を日本国内で販売する際には、通信設備の安全性、信頼性を確保するために、その端末が電気通信事業法令の技術基準に適合していることの認定を取得することが義務付けられています。JATEは、電気通信事業法の施行直後(昭和60年4月)から端末機器の技術基準適合認定を行う指定認定機関であり、長年にわたって業界をリードしています。

アンリツは、これまでJATEの4G LTEデバイスの技術適合認定をサポートしてきました。これに続き、5G NRデバイスの認定においても、ラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000AおよびCarrier Acceptance Test Core Software(CATCS)MX783480Aによる、電気通信事業法に基づく試験アプリケーションが採用されました。

アンリツは、今後も電気通信事業法に基づく技術適合認定試験システムの提供を通じて、安全で信頼性の高い5G NRサービスの実現に貢献いたします。 

なお、MT8000AおよびMX783480Aは5G NR モバイルデバイステストプラットフォーム ME7834NRの一部として使用されており、アップグレードすることにより、プロトコルコンフォーマンス試験[※2]や主要通信事業者の受入試験[※3]にも対応可能です。

製品概要

ラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000A

MT8000Aは、広帯域信号処理やビームフォーミング[※4]など、5Gシステムで必要とされる最新技術に対応したテストプラットフォームです。疑似基地局として動作し、5G端末やチップセットの機能や性能を検証できます。

1台のMT8000Aで、5Gで使用されるFR1(Sub-6GHz帯)とFR2(ミリ波帯)の両方の周波数帯に対応しています。また、チャンバー(電波暗箱)と組み合わせて使用することにより、OTA[※5]環境でミリ波信号の品質や通信手順を検証できます。

MT8000Aについてもっと詳しく

5G NR モバイルデバイステストプラットフォーム ME7834NR

ME7834NRは、5G NRにおけるスタンドアローンモード(SA)[※6]/ノンスタンドアローンモード(NSA)[※7]双方で、3GPP TS 38.523で規定されるプロトコルコンフォーマンス試験、主要通信事業者の受入試験に対応しています。

また、GCF(Global Certification Forum)とPTCRB(PCS Type Certification Review Board)において、5G NRテストプラットフォームTP251で登録されており、それぞれの端末認証に使用することができます。

5G用に新しく設計したOTAチャンバーとRFコンバーターを組み合わせることで、5Gで使用されるFR1(Sub-6GHz帯)およびFR2(ミリ波帯)を含む周波数帯域をカバーします。

ME7834NRは、LTE、LTE-Advanced(LTE-A)、LTE-A Pro、およびW-CDMAのプロトコルコンフォーマンス試験と事業者受入試験に対応したME7834LAを元に開発しています。

このテストシステムをすでに導入されているお客さまは、実証済みのLTE-A試験環境を活用しながら、スムーズに5G対応システムにアップグレードすることができます。

ME7834NRについてもっと詳しく

用語解説

[※1] 技術基準適合認定
端末機器が電気通信事業法令の技術基準に適合していることを認定(電気通信事業法第53条)すること。総務大臣の登録を受けた認定機関が実施する。
[※2] プロトコルコンフォーマンス試験(Protocol Conformance Test; PCT)
通信ネットワークでの携帯端末と基地局間の通信手順が、3GPP規格に適合していることを確認するための試験。
[※3] 事業者受入試験(Carrier Acceptance Test; CAT)
モバイルネットワーク事業者(キャリア)が自社ネットワークで接続する端末を受け入れる際に、3GPP規格に基づき制定されたキャリア独自の要件や仕様を満たしているかを確認するための試験。
[※4] ビームフォーミング
複数の素子を持ったアンテナを用いて、場所による電波の強度を動的に制御する技術。これにより電波空間や電力を効率的に利用できる。
[※5] OTA
OTAはOver the Airの略。空間を介して電波の送受信を行い、無線機の性能を測定する。
[※6] スタンドアローンモード(SA)
スタンアローンモードは、データ送受信、基地局との制御情報のやりとりの双方に5Gを使う方式。
[※7] ノンスタンドアローンモード(NSA)
ノンスタンドアローンモードは、4Gと5Gを合わせて使う方式。主に基地局との制御情報のやりとりは4G、データ送受信に4Gと5Gの両方を使う。

関連リンク

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.