Skip to main content
MENU

新たなミリ波アプリケーションに対応した145GHz、170GHz ウルトラポータブルスペクトラムアナライザの販売を開始

2019/11/26
基本的なスペクトラム分析を必要とする設計・生産環境のコスト削減と運用効率向上に貢献

Spectrum Master MS2760A

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、スペクトラムマスタ MS2760A ウルトラポータブルスペクトラムアナライザシリーズの新機種として、145GHzモデル/170GHzモデルのMS2760Aと高感度モデルのMS2762Aを開発しました。11月22日から販売を開始いたします。

MS2760Aは、9kHz〜170GHz、MS2762Aは、6GHz〜170GHzの広帯域周波数範囲に対応しています。ハンドヘルド測定器では最高レベルのダイナミックレンジ[※1]をポケットサイズの筐体で実現しており、チャネルパワー[※2]占有帯域幅[※3]隣接チャネルパワー[※4]などの基本的なスペクトラム測定を170GHzまでの高い周波数信号で行えます。

MS2762Aは、より高い感度が要求されるアプリケーションにおいても的確に測定でき、増加しているミリ波アプリケーションの設計や製造で必要な検証を優れたコストパフォーマンスで行えます。

MS2760A/MS2762Aは、車載レーダー、マイクロ波無線、物体検出レーダー、電波天文学、高解像度レーダー、アンテナビームパターンテスト(室内および屋外)などの様々なミリ波アプリケーションで使用できます。

開発の背景

無線通信の普及にともない、5Gをはじめ、より多くの情報量を伝送できるミリ波・高周波通信システムの実用化が進展し、スペクトラムアナライザのニーズが高まっています。

アンリツは、すでに9kHzから110GHzまで対応したスペクトラムマスタ MS2760Aシリーズを販売しています。さらに170GHzまで拡張したモデルを追加し、ミリ波アプリケーションのラインアップを拡充しました。

製品概要

MS2760A/MS2762Aシリーズは、広帯域周波数範囲に対応したポケットサイズのスペクトラムアナライザです。

MS2760Aは9kHzから170GHz、MS2672Aは6GHzから170GHzまで測定が行えます。5GとE-bandに加え、802.11ad/WiGig、自動車レーダーなど急成長しているミリ波アプリケーションが測定できます。

それぞれ下限周波数が9kHzまたは6GHzから、上限周波数32GHz、44GHz、50GHz、70GHz、110GHz、145GHz、170GHzに対応した機種をラインアップしており、必要な上限周波数に応じて選択できます。連続掃引が可能であり、下限から上限までいかなる信号のスペクトラム解析も可能です。

MS2760A/MS2762Aは、USB延長コードを介してWindows PCやタブレットから測定を実行できます。長いUSBケーブルを使用することにより、アンテナ測定やパス損失測定など、一定距離離れた場所から測定を行う必要があるアプリケーションに最適です。

MS2760A/MS2762Aについてもっと詳しく

主な特長

小型で高性能
MS2760A/MS2762Aシリーズは、ポケットサイズの筐体に、被試験デバイスを直接接続でき、ミリ波測定の精度と感度が向上します。これにより、異なる周波数帯域を測定する度に外部ミキサーを交換する必要がなく、セットアップも測定も容易に行えます。
高感度測定
高感度モデルのスペクトラムマスタ MS2762Aは、Cバンドの途中からEバンドまでの多数のバンドをカバーしています。6〜90GHzにおける表示平均雑音レベル(DANL)[※5]は、それぞれ代表値で-141dBm、90~110GHzで-136dBm、110〜145GHzで-129dBm、145〜170GHzで-122dBmを実現しています。この性能により、より低レベルの信号を確認することができ、自動車レーダーの空間電波測定など、多数のアプリケーションで使用できます。
高信頼性
スペクトラムマスタ MS2762Aは、70GHzで108dBという優れたダイナミックレンジを実現しています。ノイズフロア[※6]が低いため、スペクトルマスクテストを高精度に実行できます。振幅精度は通常±1dBを実現しており、信頼性の高い測定結果を得ることができます。また、6〜170GHzの全周波数範囲で、代表値24秒未満(プロセッサ速度に依存)の掃引速度を実現しており、テスト時間を短縮できます。
空間電波測定
MS2760A/MS2762Aシリーズは、従来AC電源が必要な大型のスペクトラムアナライザなどで行われていた空間電波測定を実行することができます。また、ベンチトップ型のミリ波スペクトラムアナライザに比べ、導入コストを約30%低減できます。

対象市場・用途

対象市場
5Gネットワーク通信機器、E-band、IEEE802.11ad/WiGig、自動車レーダー、マイクロ波無線通信機器、衛星通信機器
用途
研究開発、製造、建設保守

用語解説

[※1] ダイナミックレンジ
各種ひずみに影響されずに測定できる範囲。測定器の性能を表す尺度であり、ダイナミックレンジが大きいほど、広いレベル範囲の信号を測定できる。
[※2] チャネルパワー
ある周波数帯域内の総電力。
[※3] 占有帯域幅
搬送波の変調で占める周波数の範囲。これが不用意に広がると隣接チャネルに干渉するので、占有帯域幅として制限(規制)される。
[※4] 隣接チャネルパワー
信号を出力した際に、搬送波と近接する通信チャネルに漏洩する電力。通信障害の原因となる。
[※5] 表示平均雑音レベル
測定器内部で発生する雑音の平均値。スペクトラムアナライザの性能を表す指標の一つとして用いられ、この値が測定できる入力信号の下限となる。
[※6] ノイズフロア
測定器に表示される雑音レベル。測定器に信号が入力されていない状態では、「表示平均雑音レベル」と同義。

関連リンク

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.