Skip to main content
MENU

PCTESTがアンリツのMT8000Aを採用

2018/12/20
5G NRデバイスのSAR試験サービスを提供

MT8000A

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、PCTEST Engineering Laboratory, Inc.(以下、PCTEST)が、ラジオコミュニケーション テストステーション MT8000Aを採用し、5GデバイスのSAR(比吸収率)試験を実施することをお知らせします。

PCTESTは、MT8000Aを用いて、アメリカ カリフォルニア州サンノゼにあるPCTESTの試験所で5G NRの無線アクセスネットワークを擬似的に構築し、移動通信事業者やデバイスメーカに効率的なSAR試験サービスを提供します。

SAR(Specific Absorption Rate)とは、ワイヤレスデバイスが人体の近くで送信しているときの、人体に吸収される電磁エネルギーであり、その最大量は規定されています。MT8000Aを使用することにより、規制当局が規定する最大RF暴露限度内で5G NRデバイスが動作しているかを正確に評価できます。

5G NRデバイスは、異なる最大送信電力制限を持つさまざまなフォームファクタとパワークラスで設計されています。アンリツのMT8000Aテストシステムは、FR1(Sub-6 GHz帯)およびFR2(ミリ波帯)を含む広範にわたる周波数で5G NRデバイスとの信頼性ある呼接続を提供し、正確で安定した近接場電力密度測定とSAR測定を実現します。

PCTESTのRandy Ortanez社長は次のように述べています。

「PCTESTはアンリツと5G NRのコンプライアンス・テストの分野で協力できたことを誇りに思います。5G NRにおいて、アンリツの試験装置を利用することを非常にうれしく思うとともに、今後もアンリツと5G NRの試験で協力していきます。」

PCTEST Engineering Laboratoryについて

PCTEST Engineering Laboratory, Inc.は、MIMO、OTA、Carrier Aggregation、VoLTEなどのLTE Lab適合テストで主要な米国および国際事業者から認可された第三者試験機関であり、ISO 17025およびISO 17065の認定を取得しています。

また、PCTESTは、包括的なEMC、RF、SAR、およびHACテストに特化したFCCおよびISED準拠した施設を有し、その認証を行っています。さらに、PCTESTは米国で最初に5Gミリ波デバイスをテスト、認証しました。

PCTESTはメリーランド州コロンビア、カリフォルニア州サンノゼ、韓国、日本に戦略的に試験施設を配置し、すべての技術に対して完全なワンストップ試験、認証サービスを提供します。詳細については、info@pctest.comにお問い合わせいただくか、PCTESTのウェブサイトwww.pctest.comをご覧ください。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.