Skip to main content
MENU

ケーブル技術ショー 2018に出展

2018/06/29
4K・8Kが実現する新たな放送を支えるアンリツの計測ソリューションを展示

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、2018年7月19日から7月20日まで東京国際フォーラムにて開催される、ケーブル技術ショー 2018に出展いたします。

2018年12月に新4K・8K衛星放送がいよいよスタートします。総務省が発表したロードマップでは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に「4K・8K放送が普及し、多くの視聴者が市販のテレビで4K・8K番組を楽しんでいる」ことや「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の数多くの中継が4K・8Kで放送されている」ことなどが目標に掲げられています。

アンリツは、4K・8Kが実現する新たな放送を支える計測ソリューションを実機展示します。

展示ソリューション

ネットワークマスタ プロ MT1000A

4K・8K映像IP伝送でのパケット損失、パケットジッタ[※1]、パケット遅延評価に
業界最小クラスでありながら、優れた拡張性と操作性を実現

スペクトラムマスタ MS2712E

新4K・8K衛星放送の中間周波数[※2]漏洩対策をサポート
バッテリ駆動、ポータブルサイズでフィールドでの保守・点検に最適

具体的な展示内容

ネットワークマスタ プロ MT1000A
MT1000Aを使用した4K・8K映像IP伝送でのパケットジッタ評価例や、PTP[※3]時刻同期評価例、
及びOTDRを使用したイベント系統図による光ファイバ線路測定など
スペクトラムマスタ MS2712E
MS2712Eを使用した新4K・8K衛星放送に対応した受信環境整備に向けた中間周波数(約2.2GHz~3.2GHz)の漏洩電波評価

アンリツブースは、ホールE、小間番号B-14です。みなさまのご来場をお待ちしております。

[ケーブル技術ショー 2018のアンリツブースについて詳しくはこちらから]

用語解説

[※1]パケットジッタ
IPパケットの時間的な揺らぎ。
[※2]中間周波数
送信機や受信機の中間で、送信信号または受信信号の周波数を変換した周波数。IF(Intermediate Frequency)と同義。
[※3] PTP: Precision Time Protocol
IEEE1588規格で定義された、ネットワーク内のデバイスの時刻を高精度で同期するためのプロトコル。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。