Skip to main content
MENU

Interop Tokyo 2018に出展

2018/06/05
クラウド/データセンタの進展に貢献するソリューションを展示

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、2018年6月13日から6月15日まで幕張メッセにて開催されるInterop Tokyo 2018に出展いたします。

4K/8K、モバイルサービスやIoTの拡大、クラウドコンピューティングの普及に伴い、データ通信量は驚異的に増大しています。それに伴い、クラウド/データセンタの増設/拡大、それらを結ぶデータ通信網の高速化、高品質化などさまざまなイノベーションがネットワークインフラ構築において推進されています。
アンリツはネットワークテストソリューションの実機展示を行います。

展示ソリューション

ネットワークマスタ プロ MT1000A -ネットワークインフラ構築を1台でフルサポート-

業界最小クラスでありながら、優れた拡張性と操作性を実現。

具体的な展示内容

①ベーシックな100G回線評価に加え、4K/8K映像伝送ネットワークにおけるパケットジッタ[※1]の評価
ネットワークマスタ プロ MT1000A、100Gマルチレートモジュール MU100011A
②モバイルネットワークにおけるフィールドでの時刻同期の検証
ネットワークマスタ プロ MT1000A
OTDR[※2]による光ファイバ故障探索をFiber Visualizer機能とタッチパネルを用い簡単操作で実現
ネットワークマスタ プロ MT1000A、OTDRモジュール MU10002xA

アンリツブースは、ホール5、小間番号5F26です。みなさまのご来場をお待ちしております。
[Interop Tokyo 2018のアンリツブースについて詳しくはこちらから]

用語解説

[※1]パケットジッタ
IPパケットの時間的な揺らぎ。
[※2]OTDR
Optical Time Domain Reflectmeter(光パルス試験器)の略。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。