Skip to main content
MENU

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2018に出展

2018/04/25
ワイヤレスが要の5G・IoT
一歩先行く未来をつくるアンリツの計測ソリューション

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、2018年5月23日から5月25日まで東京ビッグサイトにて開催される、ワイヤレス・テクノロジー・パーク2018に出展いたします。

出展の背景

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、総務省は5G(第5世代移動体通信)サービスを世界に先がけて導入するロードマップを示し、産学官による取り組みが加速しています。アンリツは、5Gシステムの実用化を促進し、身の回りのあらゆるモノがネットワークとつながるIoT(Internet of Things)社会に寄与するため、先進の計測ソリューションをご紹介します。

出展ソリューション

アンリツ(西3ホール、小間番号15-5-6)は、5G・IoTを支える計測ソリューションを実機展示します。さらに、特設パビリオンで開催される、株式会社NTTドコモ様の企画による5G専門イベント「5G Tokyo Bay Summit®2018」においても、計測ソリューションを同時展示します。

展示ソリューション

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2018アンリツブース

5G Sub-6G NR[※1]対応基地局の送信評価
シグナルアナライザ MS2850A、NR TDD sub-6 GHz ダウンリンク/アップリンク MX285051A-011/MX285051A-061
②手のひらサイズのミリ波スペアナ
スペクトラムマスタ、ウルトラポータブルスペクトラムアナライザ MS2760A
③5G用ミリ波アンテナの近傍界測定
ベクトルネットワークアナライザ ShockLineVNAシリーズ
④5G用回路・デバイスの放熱/絶縁/シールド材評価
ベクトルネットワークアナライザ ShockLineVNAシリーズ
Cat.M1[※2]/NB-IoT[※3]/Gigabit LTE通信端末のTRX[※4]評価
シグナリングテスタ MD8475B
CA/MIMO[※5]などGigabit LTEを1台でサポートする基地局シミュレータ
シグナリングテスタ MD8475B
⑦無線LAN機器のRF[※6]送受信評価
ワイヤレスコネクティビティテストセット MT8862A
Bluetooth SIG[※7]認証RF試験
Bluetoothテストセット MT8852B
⑨スペクトラム監視および干渉波探索
スペクトラムマスタ MS2720T、リモートスペクトラムモニタ MS2710xA

5G Tokyo Bay Summit®2018アンリツブース

①5G 28 GHz NR対応基地局の送信評価
シグナルアナライザ MS2850A、NR TDD mmWaveダウンリンク/アップリンク MX285051A-021/MX285051A-071
②IoTから5G(Sub-6 GHz)まで
スマートフォン、IoT機器、通信モジュール製造用プラットフォーム ユニバーサルワイヤレステストセット MT8870A
[ワイヤレス・テクノロジー・パーク2018のアンリツブースについて詳しくはこちらから]

用語解説

[※1]5G Sub-6G NR
第5世代移動通信システム(5G New Radio)で定義される周波数帯域6GHz以下から52.6GHzにおいて、6GHz以下の周波数帯を示す。
[※2]Cat.M1
IoT向けの通信規格。無線帯域幅を1.4 MHzに制限することで通信速度を抑制し、間欠受信間隔の拡張やパワーセーブモードにより低消費電力を実現する。
[※3]NB-IoT
Narrow Band-IoTの略。スマートフォンなどで利用されるモバイル通信技術のうちのIoT機器向けの規格。
[※4]TRX
Transceiverの略。無線電波の送信機能と受信機能を兼ね備えた無線機。
[※5]CA/MIMO
CA:Carrier Aggregationの略。異なる周波数帯の電波を集め広帯域化しデータを送信することで、高速なLTE通信を可能とする技術。
MIMO:Multi-Input Multi-Outputの略。送信機と受信機の両方で複数のアンテナを使い、通信品質を向上させるスマートアンテナ技術。
[※6]RF
Radio Frequencyの略。無線周波数。
[※7]Bluetooth SIG
Bluetooth Special Interest Groupの略。Bluetoothの仕様策定などを行っている業界団体。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。