Skip to main content
MENU

Embedded Technology 2017

2017/11/16
テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社様ブースにシグナル クオリティ アナライザ-R MP1900Aを展示

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、パシフィコ横浜で開催される、Embedded Technology 2017(11月15日-17日)におけるテレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社様ブース(小間番号B-52)にて、シグナル クオリティ アナライザ-R MP1900Aを展示し、PCI Express 3.0のレシーバテストソリューションを紹介します。


≪テストソリューション概要≫

モバイルデータ通信量の増加に伴い、データセンター内のネットワークインターフェースは200G/400Gイーサネット[※1]に、通信機器バスインターフェースはPCI Express Gen4 (16 Gbit/s)に高速化されようとしています。さらにPCI Express Gen5 (32 Gbit/s)の検討が開始され高速化への容易な拡張性、シグナルインテグリティ確保のための設計検証時間短縮、投資コスト低減は重要な課題となっています。アンリツ/テレダイン・レクロイのソリューションは、PCI Express 5.0 (PCIe Gen5)の要求仕様に適応したエンドツーエンドソリューションを簡易に構築することができ、Complianceテスト[※2]項目のTransmitter Test、Receiver Jitter Tolerance Test、Tx/Rx Link Equalization Testの自動で行え、お客さまの課題解決に寄与します。


[Embedded Technology 2017のアンリツブースについて詳しくはこちらから]

[「PCI Express Gen4試験システムに テレダイン・レクロイとアンリツが協業」について詳しくはこちらから]


[※用語解説]

[※1]200G/400Gイーサネット
IEEE802.3 bsで検討されている次世代イーサネット規格。400Gイーサネットは、1秒間に400ギガビットのデータを伝送。

[※2]Complianceテスト
PCI-Expressにおいては、PCI-SIGが制定したテスト方法、合否判定基準により認証を得るために実施されるテスト。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。