Skip to main content
MENU

マイクロウェーブ展 2017 に出展

2017/11/15
ワイヤレスが要の5G・IoTでかたちづくるスマートな社会を
アンリツの測定ソリューションで



アンリツ株式会社(社長:橋本 裕一)は、2017年11月29日から12月1日までパシフィコ横浜にて開催される、マイクロウェーブ展 2017に出展いたします。

ICT(Information and Communication Technology)の進展に伴い、スマートフォンのみならず家電製品や自動車等すべてのものがインターネットを媒介に接続されるIoT(Internet of Things)社会が目前に迫っています。
アンリツ(展示ホールD、小間番号A-05)は、5G・IoTでかたちづくるスマートな社会をサポートする測定ソリューションを実機展示します。


≪主な展示ソリューション≫

①5G/広帯域信号の測定・解析シグナルアナライザ     シグナルアナライザ MS2850A(新製品)

マルチキャリア一括解析により開発・製造効率を改善。次世代の広帯域通信システムの信頼性向上に貢献します。

②5G端末試験用K-Bandクリップアンテナ     24 GHz~30 GHz スパイラルアンテナ(参考出品)

K-Band[※1]周波数の5G端末を挟み込むだけで機能試験ができるスパイラルアンテナ Z1960A/61A内蔵のクリップアンテナです。

③WLAN搭載機器のRF送受信特性評価     ワイヤレスコネクティビティテストセット MT8862A(新製品)

IEEE[※2]802.11b/g/a/n/ac(2.4 GHz, 5 GHz)に対応した無線LANモジュールおよび組み込み品の無線性能を実動作状態(ネットワークモード)で評価できます。

NB-IoT[※3]などの携帯端末のRF送受信試験用ワイヤレスコミュニケーションテスタ     ラジオコミュニケーションアナライザ MT8821C(新機能)

チップセット、NB-IoTモジュールの研究開発用RF送受信試験用ワイヤレスコミュニケーションテスタです。

⑤広帯域で再現性の高いMIMO[※4]評価システム     Spider module RFCM (RF Channel Module) Butler RFCM-B

柔軟に構成できる広帯域 (700 MHz~6 GHz) RFコントロールエンバイロメントです。P-to-P, スター及びメッシュなどの多様な接続形態をサポートします。

⑥パッシブデバイス測定に最適なシンプルでローコストなベクトルネットワークアナライザ     ベクトルネットワークアナライザ ShockLine VNAシリーズ

NLTL(Nonlinear Transmission Line)技術により、低コストおよび高ダイナミックレンジ、直線性、測定精度の向上、安定性に優れた校正を実現しています。

⑦手のひらサイズのミリ波帯スペアナ     スペクトラムマスタ MS2760A(新製品)

9 kHzから110 GHzまでをカバーするスペクトラムアナライザ。従来の常識を超えた小型サイズで、被測定物に直接接続でき、新たな測定手法を実現します。

≪出展企業セミナーのご案内≫

タイトル:「5G端末検査におけるチャンバーレスの取り組み」

日時:12月1日(金) 15:15~16:00

場所:展示ホール D 出展企業セミナー B会場

内容:次世代通信である5G端末用検査におけるチャンバーレスへの取り組みをご紹介します。今回、独自に試作した小型アンテナ・コネクタを活用して28 GHz帯における送受信測定を実現できるソリューションを共同開発しているヒロセ電機(株)様との成果発表とマイクロ波/ミリ波の測定ソリューションを紹介します。


[ マイクロウェーブ展 2017のアンリツブースについて詳しくはこちらから ]

[※用語解説]

[※1]K-Band
マイクロ波の帯域の一つで、SHF(Super High Frequency)帯(18 GHz~27 GHz)を指す。

[※2]IEEE
Institute of Electrical and Electronics Engineersの略。米国に本部がある電気・電子技術に関する学会。

[※3]NB-IoT
Narrow Band-IoTの略。スマートフォンなどで利用されるモバイル通信技術のうちのIoT機器向けの規格。

[※4]MIMO
Multiple-Input and Multiple-Outputの略。無線送信機と無線受信機の両方で複数のアンテナを使い、通信品質を向上させるスマートアンテナ技術。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。