Skip to main content
MENU

LTE端末のGCF/PTCRB認証で必要なRF/プロトコル試験を低価格のテストシステムで実現

2017/06/14
シンプルコンフォーマンステストシステム ME7800Lの販売を開始

me7800l

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、LTE端末のGCF/PTCRB[※1]認証で要求されているRF/プロトコル[※2]を1台で行えるシンプルコンフォーマンステストシステムME7800Lを開発。6月14日から販売いたします。

ME7800Lは、LTE端末のGCF/PTCRB認証試験が自動で行えます。

アンリツが従来から提供している認証試験システムは、LTE-Advancedまでカバーした高機能モデルですが、ME7800Lは、LTEのRF/プロトコル試験における基本的な試験項目に特化し、1台のプラットフォームで評価が行えることが特徴です。これにより、LTE端末の認証試験システムを最低価格帯で導入できます。

アジアを中心とした新興諸国ではLTEの導入が計画されており、チップセット・モジュールベンダ、端末ベンダにおいて、GCF/PTCRB認証試験システムのニーズが高まっています。

アンリツは、ME7800Lにより、コストパフォーマンスに優れたソリューションを提供し、LTEサービスのさらなる普及に貢献いたします。



[開発の背景]

LTEは先進国市場を中心により高度なテクノロジーに移行し、LTE-Advancedの普及が進展しています。その一方、新興国諸国では2Gや3Gシステムが使用されていますが、5G/IoTにつながるモバイルブロードバンドシステムとして、LTEサービスの導入が計画されています。

LTE端末の商用化に際しては、GCFおよびPTCRBが認証した試験システムで評価することが求められています。

アンリツは従来からLTE/LTE-Advancedの認証試験システムとして、RF試験ではME7873LA、プロトコル試験ではME7834LAを提供していますが、新興諸国においてはLTEの基本機能に絞った試験システムが求められていました。

そこでアンリツは、認証試験システムのラインアップを拡充。LTEの基本的な試験であるRF試験とプロトコル試験を1台で行えるME7800Lを開発いたしました。



[製品概要]

ME7800Lは、1台でLTE端末のRF試験とプロトコル試験が自動で行える試験システムです。各テストケースは、GCF/PTCRBが策定した試験規格に適合しており、LTE端末の認証試験システムとして使用できます。

また拡張性に優れたプラットフォームであり、IoT向けのLTE規格であるCAT-M1[※3]NB-IoT[※4]への対応も可能です。



[ この製品をもっと詳しく ]

[主な特長]

■低コストで導入可能

ME7800Lは、LTE端末のRF/プロトコル認証試験システムとしては、最低価格帯での提供を実現しており、新規導入や設備の増強を少ない投資で行えます。

■信頼性の高い認証試験が可能

アンリツは従来からLTE/LTE-Advanced端末の認証試験システムを提供しており、世界各国のチップセット/モジュールメーカー、端末メーカーで採用されています。ME7800Lはこの技術を基盤に開発されており、信頼性の高い認証試験を行うことができます。

■設備の有効活用が可能

ME7800Lをラインアップしたことにより、LTE-Advancedに代表される高機能端末はME7873LAやME7834LA、ベーシックなLTE端末はME7800Lを使用するという使い分けが可能となり、認証試験設備の有効活用に寄与します。


[対象市場・用途]

対象市場

チップセットメーカー、モジュールメーカー、携帯端末メーカー

用途

チップセットやモジュール、携帯端末のGCF/PTCRB認証試験



[※用語解説]

[※1]GCF/PTCRB

GCFはGlobal Certification Forum、PTCRBはPCS Type Certification Review Boardの略。いずれも携帯電話端末のグローバルな相互接続性(Interoperability)を保証するため、ネットワークでの運用基準や携帯端末の認証試験基準を定めている団体。GCFにより承認された測定システム、測定項目はそのテスト性能(測定手順、測定確度)が、携帯電話端末用認証試験で要求される条件に適合するものとして保証される。PTCRBは、北米で使用されている周波数帯域を対象としている点でGCFと異なる。

[※2]RF/プロトコル

RFはRadio Frequencyの略。携帯電話システムで使用される高周波の電波を差す。

プロトコルは、規格で定められた端末とネットワーク間の通信手順のこと。

[※3]CAT-M1

無線帯域幅を1.4 MHzに制限することで通信速度を抑制し、間欠受信間隔の拡張やパワーセーブモードにより低消費電力を実現するIoT機器向け通信カテゴリ。最大通信速度 下り1  Mbps。

[※4]NB-IoT

100 kbps程度と低速で、使用する周波数帯域は180 kHz幅と非常に狭く、Cat-M1同様IoTでの利用に適している。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。