Skip to main content
MENU

5G, 4G and 3G Testing with Anritsu

5G, 4G and 3G test Always with ANRITSU
アンリツはこれからも、
  • タイムリーで最適・高品質な測定ソリューション
  • 3G、4Gから5Gにつながる、WirelessからWiredまでの幅広いラインナップと豊富な経験
  • IoT、Automotiveなど5G 技術の利活用に対応した測定ソリューション
で、お客さまの5G商品開発と、これから起きるネットワークのイノベーションに貢献します。
5G Poster  NEW
5G Poster
 
 
 

5G イノベーション

5G Society

従来の3G/4G(LTE)とは異なり、5G(第5世代移動通信システム)の登場によって、無線のみならず、有線までも巻き込むネットワーク(社会インフラ)の大きなイノベーションが起きようとしています。
この5Gのイノベーションは、自動車、産業、医療といった新たな分野へ波及していきます。この5Gを利用したIoT(5G利活用/IoT)では、例えば、自動車業界において、自動運転、コネクテッドカーの開発を加速させ、また、セキュリティ・防犯、建設(遠隔制御)、エンターテイメント、農業などでも、すでに実用化に向けた検証試験も始まっています。この他、ヘルスケア、観光、物流、スマートホームなどの分野でも利用が検討されています。
詳細を知りたい方は、コラム 「広がる5G利活用/IoT」を参照ください。
また、5Gを利用した、さまざまなサービス(5G利活用/IoTのサービス)の登場により、トラフィックが増大し、その影響は、無線アクセス区間のみならず、基地局、伝送装置やデータセンター(Data Center)などへも波及します。
アンリツは、5Gイノベーションを支える無線通信から有線通信までの豊富で確かな技術を持ち、この技術をベースにして、5G/IoT/Automotive/Data Centerなどの分野にソリューションを提供し、お客様のビジネスの発展に貢献していきます。

コラム

広がる5G利活用/IoT  NEW

5G-based IoT  Picture

5Gは、高速大容量、低遅延、多接続の特徴から、農林畜水産業、自動運転車、交通、物流、建築、防犯・防災、エネルギー、ドローン・ロボット、映画・ゲーム・VR、ウェアラブル、医療・介護・健康、観光、見守りサービス、フィットネス・スポーツ、スマートホーム、などさまざまな分野・産業への利活用が見込まれています。例えば、5Gの超低遅延(リアルタイム性)、高速大容量の特性を使い、エンターテイメント業界では、ドローンに4Kカメラ(高精細映像)を搭載し、臨場感溢れた映像をスクリーンに映しだすことで、実際に自分自身が空中を飛行しているような疑似体験(VR)ができるなど、具体的な実証実験も始まっています。また、自動車業界では、5G通信を使った自動運転やコネクテッドカーの開発は加速し、自動車産業構造も変化させるような大きな革命が起きようとしています。5Gを通じ、クラウド、ビックデータ、AI、エッジコンピューティングが融合し、産業の垣根を超えた、いままでに想像もしなかった新しいサービス・アプリケーションが創出されようとしています。
アンリツは、5G利活用市場で今まさに生まれようとしている新しいサービス・アプリケーションに対して、タイムリーで最適・高品質のソリューションを提供し、5G利活用市場を支えると共に、お客様の製品開発に貢献します。

arrow-to-top

5Gテストプラットフォーム

5Gシグナリングと5G RF測定に強み

Anritsu's Advantages

移動通信システムが3Gそして4Gと進化する中で、アンリツは、チップセットベンダ、通信モジュールベンダ、端末メーカへテストソリューションを提供してきました。この実績をとおして、お客様の製品を評価する過程で、シグナリングとRF・プロトコル試験を含むさまざまな技術・ノウハウを蓄積・習得してきました。ここで習得した技術・ノウハウこそが、アンリツ製品の基盤であり、アンリツの強みです。
そして、今まさに5Gのチップセット評価において、このアンリツの強みを結集した測定ソリューション:ラジオ コミュニケーション テストステーションMT8000A(sub-6GHz帯とミリ波帯に対応)が、5Gチップセットベンダをはじめとする世界の主要なお客様に採用され、チップセットベンダのシグナリングとプロトコル評価、そして、チャンバを使用したOTA(Over The Air)環境でのRF性能評価に使用されています。
5G商品開発を検討されているお客様は、MT8000Aを採用することにより、いち早く5Gの商品開発をスタートできます。

MT8000A
ラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000A
RF Chamber MA8171A
RF Chamber MA8171A

シグナリングについて、詳細を知りたい方は、コラム:5G試験のキーファクタ:シグナリングとは?を参照ください。

5Gチップセットベンダで実績

アンリツの5G測定ソリューション(テストプラットフォーム)は、5Gチップセットベンダで採用されています。詳細は、以下をご覧ください。

arrow-to-top

5G測定ソリューション

5Gと5G利活用マーケットにおけるアンリツのポートフォリオ

アンリツは、MT8000A以外にも5Gに関するさまざまなソリューション・製品を提供しています。

カテゴリ 研究 開発/設計 製造 インフラ整備/保守
チップセット
通信モジュール
スマートフォン
タブレット
RF評価  
コンフォーマンステスト
アンテナ/コンポーネント評価
材料特性評価
  プロトコル/メッセージ評価 製造向け無線評価
Call processing/RF評価
コネクテッドカー
家電
監視カメラ
機器リモコン
センサ(振動、温度など)
遠隔医療
AR/VR
RF評価  
コンフォーマンステスト
アンテナ/コンポーネント評価
材料特性評価
  製造向け無線評価
基地局 RF評価 RFテスト(設置/保守)
モバイルバックホール
/フロントホール
  eCPRI/RoE評価
光線路評価
RF評価
画像 品名/説明
MT8000A
  • ラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000A
  • 5G NR対応のチップセット、通信モジュール、スマートフォン、無線装置の開発時におけるRF送受信特性の評価に。5G NRを使った新たなアプリケーションの研究にも。5Gで採用されるSub-6GHz帯からミリ波帯に対応。コンバータ、OTAチャンバなどを組み合わせてミリ波のTRP/EIRP測定やBeam Management試験などのRF/Protocol試験も。
スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ MS2690A
MS2850A
  • スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ MS2850A
  • 5G NR(sub-6GHz、ミリ波)に対応。
    5G NR対応のチップセット、通信モジュール、スマートフォン、無線装置の研究・開発・製造における送受信特性の評価に。5G NRを使った新たなアプリケーションや基地局の研究・開発・製造にも。
    周波数範囲:9 kHz~32 GHz/44.5 GHz、最大解析帯域幅:1 GHzの広帯域FFT解析によるベクトルシグナルアナライザを実現し、高速大容量のデジタイザ機能、オプションで変調解析機能をサポートする、高性能、多機能なベンチトップのシグナルアナライザ。優れたコストパフォーマンスにより、研究・開発・製造のコスト低減と効率化に貢献。
    更に、デジタイザ機能で取得した信号データは、一般の信号解析ツールで使用・解析でき、5G NR対応製品の研究・開発に最適。
  • 解析帯域幅1 GHzに対応するシグナルアナライザ(5G測定ソフトウェア)
コンフォーマンステスト
画像 品名/説明
5G NR Mobile Device Test Platform ME7834NR
  • 5G NR Mobile Device Test Platform ME7834NR
  • 5G New Radio(NR)対応のチップセット、通信モジュール、スマートフォン、無線装置のProtocol Conformance Test(PCT)とCarrier Acceptance Test(CAT)に。5G端末の開発や品質保証、テストハウスでの認証に。5G NRのSA/NSAモード双方に対応し、OTAチャンバとRFコンバータを組み合わせることで、Sub-6GHzからミリ波までの3GPPで規定される5G通信の周波数帯をカバー。5Gのプロトコル試験はもとより、従来のLTE/LTE-A/LTE-A Pro/W-CDMAにも対応し、既存のME7834システムからのアップグレードも可能。
ME7873NR Picture
  • New Radio RF Conformance Test System ME7873NR
  • ME7873NRは、3GPP TS38.521で規定される5G NRのRF試験に対応する自動試験システムです。5G NRにおけるスタンドアローンモード(SA)/ノンスタンドアローンモード(NSA)双方への対応を計画しています。また、5G用OTA(CATR)チャンバと組み合わせることで、Sub-6GHz帯だけでなく、ミリ波を含む5Gで使用される周波数帯域をカバーします。
    測定要件に応じてフレキシブルにシステムを構成できます。またLTE、LTE-Advanced(LTE-A)、LTE-A Pro、および従来のW-CDMAのRF試験および事業者受入試験に対応したME7873LAから5G対応システムへのアップグレードが可能であり、お客さまの必要要件に応じたRF試験システムを構築できます。
アンテナ/コンポーネント評価
画像 品名/説明
ShockLine series
  • ShockLineシリーズ
  • 5Gで利用拡大した周波数帯域に対応したパッシブコンポーネント測定に特化したベクトルネットワークアナライザ。
材料特性評価
画像 品名/説明
ShockLine series
  • ShockLineシリーズ
  • 5Gで利用拡大した周波数帯域に対応したパッシブコンポーネント測定に特化したベクトルネットワークアナライザ。
プロトコル/メッセージ評価
画像 品名/説明
MT8000A
  • ラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000A
  • 5G NR対応のチップセット、通信モジュール、スマートフォン、無線装置の開発時におけるRF送受信特性の評価に。5G NRを使った新たなアプリケーションの研究にも。5Gで採用されるSub-6GHz帯からミリ波帯に対応。コンバータ、OTAチャンバなどを組み合わせてミリ波のTRP/EIRP測定やBeam Management試験などのRF/Protocol試験も。
製造向け無線評価
画像 品名/説明
MT8870A
  • ユニバーサルワイヤレステストセット MT8870A
  • 5G NR sub-6GHzに対応
    5G NR sub-6GHzに対応したスマートフォン、タブレット、通信モジュール、IoT端末などの大量生産製造ライン向け測定器(LTE、NB-IoT、Cat-M、V2X、WLAN、Bluetoothなどの通信方式にも対応)
Call processing/RF 評価
画像 品名/説明
MT8000A
  • ラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000A
  • 5G NR対応のチップセット、通信モジュール、スマートフォン、無線装置の開発時におけるRF送受信特性の評価に。5G NRを使った新たなアプリケーションの研究にも。5Gで採用されるSub-6GHz帯からミリ波帯に対応。コンバータ、OTAチャンバなどを組み合わせてミリ波のTRP/EIRP測定やBeam Management試験などのRF/Protocol試験も。
eCPRI/RoE評価
画像 品名/説明
MT1000A
MP2110A
  • BERTWave™ MP2110A
  • 5Gモバイルネットワークで使用されるeCPRI/RoE向け光モジュールのBER測定およびアイパターン解析を1台でサポート。サンプリングオシロスコープはNRZ信号から53 GbaudのPAM信号に対応し、CPRIからeCPRI/RoEまでのビットレートのアイパターン解析が可能。
光線路評価
画像 品名/説明
アクセスマスタ(OTDR、光パルス試験器) MT9085
  • アクセスマスタMT9085シリーズ
  • 光ファイバの小型ポータブル測定器として、OTDR測定、光パワー測定/光ロス測定機能を標準実装。5G基地局やデータセンタ間などの光線路の建設・保守現場作業の効率化向上に貢献。
RFテスト(設置/保守)
画像 品名/説明
MS2090A
  • フィールドマスタ プロ MS2090A
  • フィールドマスタ プロ MS2090Aは、周波数範囲:9 kHz~9/14/20/26.5/32/44/54 GHzに対応し、5G および現在使用されているGSM,LTEなどの無線技術をサポートしているため、さまざまなテストの課題を解決できます。
arrow-to-top

5G Testing Anritsu(ビデオ)

5G, 4G and 3G Testing with Anritsu

アンリツは、5Gイノベーションを支えるWirelessからWiredまでの豊富で確かな技術を持ち、この技術を背景にして、5G測定ソリューションを提供しています。そして、アンリツの測定ソリューションは、お客様の5G製品の開発を支援します。

arrow-to-top

アンリツの5Gコンテンツ

ニュースリリース

アンリツの5Gに関連するNews Releaseは、下記をご覧ください。

日付 形名 ニュースリリース
2019/3/20 MP2110A
2019/3/19 MT8000A
2019/3/15 ME7873NR
2019/3/14 ME7834NR
2019/3/13 MT8000A
2019/3/4 MS2090A
2019/2/28 ME7873NR
2019/2/27 MT8000A
2019/2/26 MT8000A
2019/2/21 MT8000A
ME7834NR

その他のニュースは下記リンク先を参照願います。
アンリツ ニュースリリース

ドキュメントとWebページなど

アンリツは、5Gに関してさまざまなドキュメントやWebページなどを用意しています。

形名 種別 リンクと説明
- ポスター
MT1000A Webページ
arrow-to-top

コラム

5G試験のキーファクタ:シグナリングとは?

従来の3Gそして4G(LTE)において、スマートフォン(Mobile Phone)で電話をするときに電話番号を入力し、相手を呼び出し、相手が電話を取ると、通話状態になります。また、電話を切ると切断状態になります。この一連のやり取りにおいて、スマートフォン、基地局そして通信相手のスマートフォンとの間で、通信するための手順・約束事があります。これをシグナリングと呼びます。
例えば、実際のスマートフォン(Mobile Phone)基地局間では、シグナリングによって、通信相手の情報(通信帯域幅、符号化方式など)を取得しています。
このシグナリングは、従来の3Gそして4G(LTE)において、それぞれの規格で規定されています。

そして、5Gのシグナリングも、3GPPで規格化されています。5Gは、高速大容量、多接続、低遅延に加えて、4Gとの併用も検討されており、更に複雑なシグナリングが必要とされます。この複雑化するシグナリングに対して、5Gのチップセット、無線通信モジュール、スマートフォンなどの端末を開発しているベンダは、シグナリング中にデータ通信などで送受されるメッセージの評価(メッセージが正常に通知できているかなど)とシグナリング中のRF評価(テスト・測定・計測)が今まで以上に必要になります。

アンリツは、3Gそして4Gにおいて、お客様とFace to Faceでさまざまな経験をつみ、直面する困難を共に乗り越えてきました。この経験から体得し、積み上げたシグナリングとRF/プロトコル試験を含むさまざまな技術・ノウハウこそが、アンリツの強みです。
5Gにおいても、アンリツは、長年に渡り培ったこのアンリツの強みを生かすとともに、さらに高め、お客様の5G製品開発と5Gイノベーションに貢献します。

arrow-to-top

アンリツについて

アンリツは、進化を続ける情報通信の分野で、各種通信システムやサービス・アプリケーションの開発、品質保証に欠かせない計測器や食品・医薬品用異物検出機や重量選別機、遠隔監視制御システム、帯域制御装置などを提供。幅広い分野で、安全・安心で快適な社会づくりを支えています。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.