Skip to main content
MENU
mt8862a

ワイヤレスコネクティビティテストセット(WLAN用測定器)

MT8862A
概要
What's NEW

download製品カタログを見るdownload製品紹介を見るplayビデオを見る

MT8862Aとは?

ワイヤレスコネクティビティテストセットMT8862Aは、WLAN IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz帯、5 GHz帯)搭載機器のRF送受信特性測定器です。MT8862Aは標準WLANプロトコルメッセージング(WLANシグナリング)を使用して、被測定物(DUT:Device Under Test)と接続により送受信測定が可能となるネットワークモードを搭載しています。

  • 実動作状態(ネットワークモード)でのRFパフォーマンス測定

  • ネットワークモードを用いることにより、さまざまなWLAN搭載機器を実動作状態で送信電力、変調精度(EVM)、受信感度(PER)などのRF送受信特性が測定できます。DUTを検査専用のテストモードでなく、実際の出荷用ファームウェアの状態で、RFパフォーマンスの評価が行えます。DUT制御を直接行えない機器でも、定量的に評価できます。

  • 測定環境を容易に構築可能

  • MT8862Aは、アクセスポイント(AP)またはステーション(STA)をシミュレートし、IEEE802.11a/b/g/n/acに準拠した標準WLANプロトコルメッセージングを使用して、DUTとのネットワーク接続を確立します。接続が確立されると、特別なツールや制御を必要とせず、一般的なWLAN通信手順を使用してRF測定ができます。特別な測定環境のセットアップは必要ありません。

  • 2x2MIMO 受信感度測定、送信パワー測定機能

  • MT8862Aを2台使用することにより、2x2MIMO通信時の受信感度測定および送信パワー測定が行えます。完成品の2x2MIMO通信時のRF性能評価にも最適です。

  • セキュリティ設定状態のデバイスも測定可能

  • WLANの暗号化技術としてWEP・WPA-Personal・WPA2-Personalをサポートしています。DUTのセキュリティ設定を解除することなく接続・測定が行えます。

  • 送信測定のための独自データレート制御アルゴリズム

  • MT8862Aはネットワークモードにおいて、ユーザ指定のデータレートでの送信測定を行うために独自のデータレート制御アルゴリズムを搭載しています。

  • 確認応答(ACK)フレームカウントによる受信感度測定、バスタブ曲線生成

  • MT8862Aでは確認応答(ACK)フレームカウントによる受信感度測定に対応しており、MT8862Aから送信されたテストパケットに対してDUTが送信した確認応答(ACK)フレームのカウントを行うことで、パケットエラーレート(PER)を計算します。パワーレベルの可変範囲(-120~0 dBm)と可変ステップ幅を設定することにより、パワーレベルを下げながらパケットを送信でき、自動的に受信感度のバスタブ曲線が生成されます。MACアドレスやペイロード長を含む、パケット構造のリアルタイム設定を用いて、さまざまなデータレートで測定を実施できます。

  • 接続するだけですぐに使えるウェブブラウザ上動作のGUI

  • EthernetケーブルをMT8862Aと制御PC間で接続し、ウェブブラウザからアクセスすることで、GUI使用環境のセットアップが完了するため、環境構築作業がほぼ不要となります。
    ウェブブラウザ上で動作するGUIの採用により、本体ファームウェアとのバージョンマッチング等を気にすること無く、使用することができます。
    また、MT8862Aのリモート制御ポートはDHCPクライアント機能を持ち、ホスト名・ドメイン名設定も可能であるため、制御PCとMT8862Aを同一ネットワーク内に置くだけで、いつでも簡単に制御できます。

  • 接続時の問題解決に効果を発揮するフレームキャプチャログ機能

  • MT8862Aはフレームキャプチャログ機能を内蔵しており、DUTとの送受信フレームログを保存し、取得して解析することができます。ログは*.pcap形式で保存され、対応するアプリケーションでの閲覧が可能です。DUTとの接続問題の解決に効果を発揮します。

  • 接続確認試験用のIPデータ転送

  • MT8862A背面のEthernetポートを使用して外部サーバーとのIPデータ転送が行えます。MT8862Aに接続した外部サーバーとDUTに接続したクライアントPCの間でping等を使用したIP接続確認ができます。

関連リンク:WLAN搭載機器の無線部の評価が簡単に・・・

download製品カタログを見るdownload製品紹介を見るplayビデオを見る

WLAN搭載機器のRF送受信測定器

  • ネットワークモード採用:標準WLANプロトコルメッセージング(WLANシグナリング)を使用し、WLAN搭載機器と接続を確立することで測定可能
  • IEEE802.11a/b/g/n/ac対応
  • 2x2MIMO 受信感度測定、送信パワー測定機能
  • セキュリティ(WEP、WPA-Personal、WPA2-Personal)を使用しての接続の確立に対応
  • Tx測定(送信電力、変調精度、その他)用のICMP echo request送信機能
  • Rx測定として、ACKカウントによるPER(パケットエラーレート)測定、バスタブ曲線生成
  • ウェブサーバー搭載によるウェブブラウザからのリモート制御と測定結果の表示
  • フレームキャプチャログの取得と解析によるWLAN接続時の問題解決
  • IPインタフェース搭載による外部サーバーとのIPデータ送受信対応

関連リンク:WLAN搭載機器の無線部の評価が簡単に・・・

ソリューション
評価事例  NEW

無線LAN搭載製品に対して、MT8862Aを使用した評価事例を示します。

無線LAN搭載製品評価事例
ライブラリ
画像
ビデオ
IoT Testing Anritsu

IoT Testing Anritsu
Connecting the IoT World Testing with Anritsu

MT8862A「ネットワークモード」

無線LAN製品の簡単チェック
無線LAN製品の無線品質を実動作状態でチェックできます。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.