Skip to main content
MENU

MT8821C用LTE Cat-M1およびNB-IoT対応ソフトウェアオプションの販売を開始

2017/10/23
ラジオ コミュニケーション アナライザ MT8821CでLTE Cat-M1/NB-IoT規格に準拠したRF送受信特性測定とスループット測定を実現

mt8821c

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、ラジオ コミュニケーション アナライザ MT8821Cで、LTE Cat-M1[※1]機器とNB-IoT[※2]機器の評価を可能とするソフトウェアを開発。10月23日から販売いたします。

今回開発したソフトウェアは、「LTE Category M1 測定ソフトウェア MX882116C」、「LTE Category M1 IPデータ転送 MX882116C-006」、並びに「NB-IoT 測定ソフトウェア MX882117C」、「NB-IoT IPデータ転送 MX882117C-006」です。

これらのソフトウェアをMT8821Cにインストールすることで、LTE Cat-M1とNB-IoT機器のRF[※3]送受信特性と最大スループット[※4]を評価できます。

LTE Cat-M1とNB-IoTは、LPWA[※5]技術を採用したIoT向けの3GPP規格であり、今後の普及が見込まれています。

アンリツは、今回のオプションソフトウェア開発により、MT8821Cの資産効率を高めるとともに、規格適合性評価による通信品質向上に貢献いたします。


[開発の背景]

LTE Cat-M1とNB-IoT機器は、スマートメーター、ホームセキュリティ、貨物等の追跡監視、自動販売機、ヘルスケア機器など、さまざまな分野で使用されることが期待されています。

LTE Cat-M1は、北米の通信事業者がサービスを導入しており、日本、欧州などの通信事業者も2017年中にサービス開始を予定しています。またNB-IoTも欧州の通信事業者がサービスを導入しており、日本、中国などの通信事業者もサービス開始を計画しており、今後開発用測定器のニーズが高まることが見込まれています。

アンリツは従来から通信事業者が実施しているIoTサービスの実証実験に参加しており、測定技術を蓄積してきました。

今回、この取り組みを基盤に、ラジオ コミュニケーション アナライザ MT8821Cで、LTE Cat-M1機器とNB-IoT機器の評価を可能としました。


[製品概要]

ラジオ コミュニケーション アナライザ MT8821Cは、各種無線端末のRF送受信試験機能と擬似基地局機能を一体型にした測定器です。今回機能強化を図り、LTE Cat-M1機器とNB-IoT機器のRF送受信特性(信号の出力レベルや周波数エラーの許容範囲など)と最大スループットの評価を実現しました。


[ この製品をもっと詳しく ]

[主な特長]

■規格適合性評価が可能

LTE Cat-M1とNB-IoTのRF送受信特性は、3GPP TS36.521-1[※6]の6章、7章で規定されています。MT8821Cを使用することで、3GPP規格への適合性を評価できます。

■低消費電力の実現に寄与

LTE Cat-M1とNB-IoT機器は、eDRX[※7]PSM[※8]といったLPWA技術により低消費電力を実現します。MT8821Cは、試験対象機器と通信した状態で評価が行えることから、eDRX、PSMの動作状況を確認できます。

[対象市場・用途]

対象市場

IoT端末メーカー、チップセットメーカー、通信事業者など

用途

LTE Cat-M1、NB-IoT機器の性能評価


[※用語解説]

[※1]LTE Cat-M1
無線帯域幅を1.4 MHzに制限することで通信速度を抑制し、間欠受信間隔の拡張やパワーセーブモードにより低消費電力を実現するIoT機器向け通信カテゴリ。最大通信速度 下り1 Mbps。

[※2]NB-IoT
通信速度100 kbps程度と低速で、使用する周波数帯域は180 kHz幅と非常に狭く、Cat-M1同様IoTでの利用に適している。

[※3]RF
Radio Frequencyの略称。無線通信機器で利用される周波数のこと。

[※4]スループット
ある一定時間内にを処理できるデータ量。実質的な通信速度の意味でも使用される。

[※5]LPWA
Low Power Wide Areaの略称。省電力かつ広域なエリアカバレッジに加えて、データ送受信時の負荷を抑えることでIoT機器に搭載するバッテリーの長時間駆動 (約10年) を実現する技術。

[※6]3GPP TS36.521-1
LTE端末の送受信特性、性能に関する要求事項や、測定手順などを規定した3GPPの規格。

[※7]eDRX
extended discontinuous receptionの略称。間欠受信間隔の拡張により、低消費電力を実現する技術。

[※8]PSM
Power Saving Modeの略称。通信頻度を抑制し、消費電力を抑える技術。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。