Skip to main content
MENU

校正に関するFAQ

1. アンリツ製品以外の校正は可能でしょうか?

製品により可能です。料金検索よりご確認できます。

料金検索に記載のない製品の校正可否につきましてはお問い合わせください。

2. 校正を短納期で対応してほしい。

エクスプレス校正、休日エクスプレス校正というサービスがございます。

詳しくはこちらをご覧ください。

3. 校正証明書は添付されますか?

ご依頼された電子計測器の標準校正に使用した計測器一覧表及び校正結果が含まれる校正証明書(校正成績書)を1部標準添付いたします。

校正証明書サンプルはこちらからご参照ください。

4. 校正証明書(試験証明書)の再発行は可能でしょうか?

校正証明書(個別トレーサビリティチャートを含む)の再発行は、発行日・宛名等のすべての項目が、前回と同じ校正証明書を発行させていただきます。

再発行の依頼は、対象機器の過去依頼された情報をお知らせください。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 受付番号[C1xxxxxx]
  • 校正証明書の文書番号
  • 形名・機械番号・校正実施年月

※校正証明書または試験証明書は、5年間保管(登録検査等較正は6年間保管)いたしますが、過去発行の証明書について一部再発行できないものもありますこと、ご了承願います。

5. 校正証明書と試験証明書の違いは?

当社では、[校正証明書]と[試験証明書]を区別しております。

JIS Z 8103:2000「計測用語」によれば、校正とは - 計器又は測定系の示す値、若しくは実量器又は標準物質の表す値と、標準によって実現される値との間の関係を確定する一連の作業と記述されています。

この主旨に沿って:測定結果が数値で記載されているものを[校正証明書]として、測定値の記載が無く特性や性能の評価のみのものを[試験証明書]として発行しています。

6. 個別トレーサビリティチャートとは?

製品の校正に直結した主な計測器・標準器を記載する証明書で、お客さまがご依頼された計測器から国家標準までのトレーサビリティを示す計測器・標準器一覧表およびトレーサビリティチャート(校正体系遷移図)をご提供いたします。(追加料金 1部10,000円)

この校正証明書は、お客さまのご要求により校正時から12ヶ月以内に限り発行いたします。

7. 無償トレーサビリティとは?

当社のトレーサビリティ体系全体を示しております。

こちらからダウンロード可能です。

8. 標準校正と登録検査等較正(電波法較正)の違いは?

標準校正とは

当社で定めた項目について校正を行う校正サービスです。

また、一部の製品については、以下の調整作業を実施いたします。

  • 基準周波数確度の合わせこみ調整を実施し、調整前後のデータを添付します。
  • 規格外れがあった場合、お客さまのご要望により、調整を実施し、調整前後データを添付いたします。

登録検査等較正とは

電波法第二十四条の二 第4項第二号のニに基づく較正を行います。

登録検査等事業者様が無線設備の点検業務に使用する測定器を、お客さまの使用目的に応じて当社が最適な較正を行います。

9. 較正精度ってなに?

測定結果のばらつきを特徴づけるパラメータです。測定には必ずばらつき、かたよりの要因が含まれます。

その様なばらつき、かたよりを総合的に評価し、真の値が含まれると考えられる区間を推定したものです。

不確かさとも呼ばれ、「測定結果の確かさ」を示す指標です。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.