Skip to main content
MENU

沿革

120年の足跡

マルコーニが無線電信を世界で初めて成功させた1895年、アンリツは創業しました。近代通信の幕開けとともに歩んできたアンリツ。その歴史は、情報通信ネットワークの進化と重なりあっています。

1890~1929年

  • 1895年 (明治28年)

    アンリツの祖、合資会社「石杉社(せきさんしゃ)」を設立

  • 1900年 (明治33年)

    安中電機製作所を設立

  • 1903年 (明治36年)

    安中電機、無線電信送信機と30センチ火花コイルを第5回内国勧業博覧会に出展

  • 1905年 (明治38年)

    日本海海戦の緒戦で哨艦信濃丸が、安中製の36式無線電信機で“敵艦見ゆ”の信号を発信

  • 1908年 (明治41年)

    石杉社と阿部電線製作所が合併し、共立電機電線株式会社を設立
    共電式自働電話機の量産化に着手(大正14年に公衆電話機と改称)

  • 1912年 (明治45年)

    安中電機、逓信省電気試験所のTYK式無線電話機を完成
    大正3年、三重県・鳥羽一答志島、神島間での電報業務に利用され、世界初の無線電話の実用化として脚光をあびる

  • 1924年 (大正13年)

    安中電機、放送事業開始にともない、ラジオ受信機、スピーカー、ヘッドホーンを製造

  • 1925年 (大正14年)

    安中電機、東京中央放送局愛宕山送信所第2設備用として国産初の500ワット放送機を製造

  • 1928年 (昭和3年)

    船舶用2kW遠隔操縦式無線電信装置を製造
    浅間丸など欧米航路優秀船用として納入された

1930~1969年

  • 1931年 (昭和6年)

    共立電機・安中電機両者の合併により安立電気株式会社を設立

  • 1933年 (昭和8年)

    わが国初のテレビジョン放送機製作、浜松高等工業学校に納品

  • 1939年 (昭和14年)

    国産初の自動式公衆電話機1号機を完成
    現在のテープレコーダーの母体となった交流バイアス式磁気録音機を開発

  • 1943年 (昭和18年)

    同軸ケーブル用中継装置の製造を開始

  • 1949年 (昭和24年)

    ラジオ受信機、計器、蓄音器部門を分離、各独立会社となる

  • 1950年 (昭和25年)

    ダブレットアンテナを用いたARM-6074形超短波電界強度測定器を完成

  • 1953年 (昭和28年)

    料金後納式の4号式公衆電話機の量産化を開始

  • 1961年 (昭和36年)

    厚木事業所を新設

  • 1962年 (昭和37年)

    工業用計測機器(電子マイクロメータ)の製造を開始

  • 1964年 (昭和39年)

    自動重量選別機(オートチェッカ)の製造開始

  • 1967年 (昭和42年)

    ハイブリッド薄膜・厚膜ICを実用化
    道路交通情報システムの製造開始

  • 1968年 (昭和43年)

    東京証券取引所市場第1部に上場

1970~1989年

  • 1970年 (昭和45年)

    オーストラリア向け公衆電話機の輸出開始

  • 1974年 (昭和49年)

    光ファイバの製造に不可欠なM501Aレーザ外径測定器を開発

  • 1977年 (昭和52年)

    2Gb/sの超高速誤り率測定器を完成
    光通信用測定器の製品化を開始
    ブラジル・アンリツ(リオデジャネイロ)を設立

  • 1978年 (昭和53年)

    アンリツ・アメリカ(ニュージャージー州)を設立

  • 1979年 (昭和54年)

    新本社ビル完成
    AT&T(アメリカ)からマイクロ回線用測定器を大量受注

  • 1980年 (昭和55年)

    アンリツ・ヨーロッパ(イギリス・ベッドフォード州)を設立

  • 1981年 (昭和56年)

    光パルス試験器を世界で先駆けて開発

  • 1982年 (昭和57年)

    世界に先駆けてインマルサットの形式認定を取得したインマルサット船舶端局装置を発表

  • 1985年 (昭和60年)

    10月1日から、社名をアンリツ株式会社に変更

    東北アンリツ株式会社設立

  • 1986年 (昭和61年)

    光ファイバ通信システムや超高速論理素子などの開発・研究に活躍する5GHzパルスパタン発生器を開発

1990~1999年

  • 1990年 (平成2年)

    米国計測器メーカー、ウィルトロン社を買収

  • 1993年 (平成5年)

    ディジタル移動通信に対応する各種測定器を発表

    ミニOTDRを開発

  • 1994年 (平成6年)

    12.5GHz超高速誤り率測定器を開発

  • 1994年 (平成6年)

    アンリツ・ウィルトロンPte.リミテッド(シンガポール)設立

  • 1995年 (平成7年)

    創業100周年を迎える

  • 1997年 (平成9年)

    ワンカントリー・ワンカンパニー体制実施

  • 1998年 (平成10年)

    香港にアジア大洋州地域本部設置

2000年~

  • 2000年 (平成12年)

    10 Gb/s SONET/SDH/PDH/ATMアナライザを開発

    リサイクルセンター設立

    環境配慮型製品(エコプロダクツ)開発への取り組み開始

    Excellent Eco Product

  • 2001年 (平成13年)

    世界初43 GHz 4-Ch超高速誤り率測定器を開発
    43.5G帯誤り率測定システム販売開始
    世界初W-CDMAシグナリングテスタを開発

  • 2002年 (平成14年)

    世界最高水準の光出力(1W)の1400nm帯励起用レーザーダイオードを開発

  • 2003年 (平成15年)

    世界初W-CDMAコンフォーマンステストシステムのGCF承認取得

    本社を神奈川県厚木市に移転

  • 2005年 (平成17年)

    デンマークの計測器メーカー、ネットテスト社買収
    Anritsu A/S(デンマーク・コペンハーゲン)設立

  • 2008年 (平成20年)

    3GPP LTE携帯端末の開発・検証用基地局シミュレータを開発

  • 2009年 (平成21年)

    郡山事業所を新設

  • 2010年 (平成22年)

    世界初 LTEコンフォーマンステストシステムでGCF/PTCRB認証取得

    Wi-Fi Alliance®がWLANテストセットを認証試験用測定器として公認

    マイクロ波通信用ハンドヘルド測定器でベンチトップ測定器と同等の機能を実現

  • 2011年 (平成23年)

    世界初 LTE端末のテストケースの80%でGCF認証取得 端末認証開始に貢献

    世界初 光ネットワーク上で100ギガビットイーサネット信号の異ベンダ間相互接続に成功

    MasterClawがパンアメリカン競技大会で通信インフラの円滑な運用をサポート

  • 2012年 (平成24年)

    世界初 シグナリングテスタMD8430Aで、LTE-Advancedキャリアアグリゲーション機能の検証を実現

    世界初 シグナルクオリティアナライザMP1800Aで、32Gbit/s帯ハイスピードインターコネクトのマルチチャネル評価を実現

    世界初 ネットワークアナライザで100GHz帯アクティブデバイスの雑音指数測定を実現

  • 2013年 (平成25年)

    世界初 LTE-AdvancedコンフォーマンステストシステムでGCF/PTCRB認証取得

    Wi-SUN、ECHONET Lite対応測定ソリューションの販売を開始し、次世代エネルギー管理システムの実現を支援

    世界初 シグナリングテスタMD8430AでTD-LTE Advancedに対応

  • 2014年 (平成26年)

    世界初 シグナリングテスタMD8430AでLTE-Advanced 3 キャリアアグリゲーション端末とのデータ通信に成功

    世界初 LTE-Advanced端末のテストケースの80%でGCF認証取得 端末認証開始に貢献

    1台で100 Gbps/400 Gbpsのネットワークの評価を可能とするネットワークマスタフレックスMT1100Aの販売を開始

  • 2015年 (平成27年)

    創業120周年

    グローバル本社棟竣工

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。