Skip to main content
MENU

モバイル コミュニケーション - 2G, 3G, 4G & 5G

Mobile Communication

第5世代移動通信システム(5G)は、超高速大容量(eMBB)、超高信頼低遅延(URLLC)、多数同時接続(mMTC)を実現し、スマートフォンに代表されるモバイル通信に留まらず、多様な産業でIoTの通信基盤として期待されています。

アンリツはモバイル通信市場で、ディジタル通信が始まった第2世代移動通信システム(2G)の時から、シグナリングや信号解析技術を培ってきました。常に最先端の通信技術に対応し、テストソリューションを提供し続けます。

シグナリング技術

回線交換から5Gに至るまで、呼制御や認証、課金といった制御情報をシグナリングと言い、ネットワークの進化に伴って非常に複雑になっています。基地局をシミュレートする計測器はシグナリングのやり取りの正誤を判定するだけでなく、試験するスマートフォンやチップセットとシグナリングプロトコルをやり取りして接続し、正常時・異常時など条件を変えて、試験します。

3GPPで追加される仕様に速やかに対応し、スマートフォンやチップセットの開発・製造を支援しなければなりません。そのため、3GPPなどの国際規格をいち早く正しく理解し実装する技術、正常・異常などのテストシナリオを作る技術が盛り込まれています。

また、PTCRB/GCF認証は3GPP規格に適合しているか、様々な条件の試験を定義し、テストケースにしています。それを実行するため、様々な測定器を組み合わせ、プロトコルやRF性能を効率的にテストするため、システム化技術が欠かせません。

信号解析技術

ディジタルモバイル通信は、OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)などの高度な多重方式が採用され、データ通信速度が指数級数的に上がり、5GではSub 6GHzで1キャリアの帯域幅が最大100MHzとなっています。受信信号から高速なディジタル信号を取り出し、高速なまま処理するため、最適な信号解析技術が必要です。

受信信号を高いサンプリング周波数でA/D変換した後、FPGA(Field Programmable Gate Array)とDSP(Digital Signal Processor)にどう分担させ高速のまま、波形品質の評価のための波形解析(演算)や、シグナリングやデータエラー測定のためのデータ解析を行うか、最適化しています。

このことが回路や部品点数の最小化につながり、環境にも配慮した設計が行われています。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.