Skip to main content

オートモーティブ - IoTコネクティビティ

IoT

5Gはあらゆるもの(Things)がインターネットにつながるIoTの通信基盤となり、集められたビッグデータは、人口知能(AI)などにより分析・処理され、世の中はより便利で安全になり、想像もつかないビジネス、技術が生まれます。

アンリツはコネクティビティーを保証・評価するため、セルラーだけでなくBluetooth®やWLANなど、幅広い無線やコミュニケーション解析技術を磨いてきました。

人やもののコネクティビティーを保証するため、「つながる」技術を追い続けます。

幅広い無線技術

IoTでは、つなげる技術として様々な無線技術が使用されます。Bluetooth®といっても1.2/2.0/2.1/3.0+HS/4.0/4.1/4.2/5.0/5.1など、WLANといってもIEEE802.11a/b/g/n/ac/axなど、セルラーも、GSM/WCDMA/LTE/5G/Cat-M1/NB-IoTなど、様々な無線規格が定義されており、信号品質を測るだけでなく、つながることやデータ転送の性能を評価する必要があります。

これらを評価する無線規格に適応した試験器や信号発生器(SG)/シグナルアナライザ(SA)等のために、常にコストパフォーマンスの高い、優れた信号品質を追求しています。

例えば、5Gに対応したMS2850Aは、EVM≦1%(中心周波数 28GHz、帯域幅 100MHz)、帯域内フラットネス 振幅±1.25dB、位相±6°p-p(中心周波数 28GHz、解析帯域幅 1GHz)を達成しています。

コミュニケーション解析技術

DUT(測定対象)には、ダイレクト(テスト)モードという評価用の設定により測定器とつなぎ性能試験を行います。しかし、これは特殊な状態であって、実動作環境とはかけ離れており、テストでは良い性能を出していても、実際に使用してみるとそこまでの性能が出ないなどの問題に直面します。

例えば、IEEE 802.11ac/ax ネットワークモードテストやGSM eCall試験など、DUTとのコミュニケーション解析技術により、実際に動作させた環境下での評価ソリューションを提供し、その動作検証だけでなく、データ転送品質の評価を可能にしています。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.