Skip to main content
MENU

冊子印刷ダイレクト・製本とは?

製本とは

製本とは、印刷した複数の紙を綴じ合わせて、一冊の本の形にすること。製本のやり方にもいろいろとあり、大きく下記のように分類されます。

並製本

表紙と本文を合わせ、天、地、小口を断裁して、指定の寸法にします。比較的値段の安い製本方法です。下記の「上製本」や「ハードカバー」に対し、「簡易製本」や「ソフトカバー」とも呼ばれます。

背の綴じ方によって製本方法が分かれます。


無線綴じとは?

無線綴じとは

無線綴じ(むせんとじ)とは、中身のページの束を表紙でくるみ、背表紙にあたる部分を専用の糊で接着して製本する綴じ方です。針金や糸などを用いないので”無線”綴じと呼ばれます。また、中身を表紙でくるむので、「くるみ製本」とも呼ばれます。

無線綴じの特徴

安価でページ数の多い冊子に向いています。

製本方法としては「中綴じ」の方が安いのですが、ページ数が何十ページ以上にもなる場合、冊子が膨らんでしまいます。その点、無線綴じはページ数が多くても膨らみが無くきれいに仕上がります。

背の端だけを固定するので、ページを奥の方(喉の部分)まで開くことができます。(ただし、ギュウギュウと強く押し付けて開くと、割れてしまったりすることもあるのでご容赦ください。)

無線綴じの用途

  • テキスト(大学や塾、セミナーのテキストや問題集など)
  • マニュアル(特にページ数の多く必要なBtoB製品、プロ向け機器、サービスマニュアルなど)
  • 論文(卒論、技術論文など)
  • 資料集(価格表、総会資料など)
  • 文集(卒業文集、自分史、作品集など)

中綴じとは?

中綴じとは

中綴じ(なかとじ)とは、冊子を開いた状態の紙を重ねて、中央部分を針金(ステッチ)で製本する綴じ方です。

中綴じは、パンフレットや週刊誌、ノートなど、比較的安価な冊子に多く用いられます。週刊誌の真ん中のページを開くと、中央部分の上下2箇所にステープラー(ホチキス)の針のようなものが見えますが、これが中綴じのステッチです。

中綴じの特徴

安価で、比較的ページ数の少ない冊子に向いています。

製本方法としては「無線綴じ」よりも安いのですが、ページ数が何十ページ以上にもなる場合、冊子が膨らんでしまいます。

開いた状態の紙を綴じるので、綴じた部分を中央として左右2ページ、その裏面で2ページ、計4ページが基本単位となるため、表紙や裏表紙も含めた総ページ数は4の倍数であることが条件となります。ページを奥の方(喉の部分)まで開くことが容易で、開いたままの状態で読んだり書いたりしやすいのも利点です。

中綴じの用途

  • パンフレット、リーフレット
  • ページ数の多くない製品カタログ、製品マニュアル、説明書
  • 社内報、広報誌
  • 提案書、企画書
  • 資料集(価格表、総会資料など)

上製本

いわゆる「ハードカバー」とも呼ばれる、厚紙の入った硬い表紙の本に用いられている製本方法です。比較的値段の高い製本方法です。

「冊子を安い価格で作りたい」とお考えでしょうか?

プリンターが普及し、誰でも手軽に印刷する機会が増えましたが、製本しようとすると簡単ではありませんね?

冊子印刷ダイレクトは、製本してきれいに仕上がった冊子をお求めやすく提供しております。ぜひ価格表でご確認ください。

価格表はこちら


お問い合わせ、ご相談はお気軽に!

お問い合わせ

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.