Skip to main content

ローカル5G導入・運用時の課題とソリューション

シミュレーションと実測の融合サービスにより、ローカル5G導入・運用時に生じる様々な課題を解決します。

全体課題

ローカル5G導入・運用 全体課題

  • これまで通信事業者が行ってきた導入・運用・保守業務を、ローカル5Gでは、システムインテグレータや利用者が行う必要がある。
  • ローカル5G導入数や接続端末数の増加に伴い、干渉調整や、ネットワーク最適化、運用状況の可視化、トラブルシューティングなどの必要性が増大する。

フェーズごとの個別課題

ローカル5G導入・運用 フェーズごとの個別課題

事前検討・免許申請

  • 免許申請のためにどのようなデータがあれば良いのか分からない
  • 事前に詳細なエリア設計を行いたいが方法が分からない
  • 干渉調整は事業者間で行う必要があるが、建設的な話し合いができるデータが無い

置局後・運用中

  • 実際のカバーエリアがどうなっているのか免許申請時のシミュレーションデータと比較したい
  • 隣接事業者がサービスを始めるため、エリアの再設計が必要となった
  • 急に動作が不安定になったが、原因が分からず困っている

ソリューション

ローカル5G導入・運用 ソリューション

提供価値

通信品質の確保

電波伝搬解析と実測評価により、適切なサービスエリアと安定した通信品質を確保可能

アセットライト化

シミュレーションや測定を「サービス」として利用することにより、設備化を必要最低限に最適化

立ち上げ迅速化

電波伝搬解析やエリア実測、干渉調査を行うための人材の育成や確保を省略可能

業務効率の改善

シミュレーションと実測の両サービスの融合によりエリア設計・検証などの精度と効率が向上

お問い合わせはこちら

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.