Skip to main content
MENU

Precision SmartCal™

MN25208A
概要
  • 校正キットの係数を自動でロード ― セットアップの時間短縮と校正エラーの低減
  • VNAのポート接続を自動検出 ― 接続ミスまたは接続不良による校正不良を防止
  • SmartCalポートとVNAポートの接続性 ― 柔軟性に優れ、多ポート校正の手順を簡素化
  • ShockLineソフトウェアはSmartCalを自動認識 ― シンプルで簡単に使える校正ソフトウェア
  • 内部ヒーターなし ― ウォームアップ時間不要
  • USBから電源供給と制御 ― 便利な1つのプラグ・インターフェース
  • 1度の接続で校正 ― コネクタやケーブルの摩耗を低減
  • すべてのShockLine VNAをサポート ― 1、2、4ポート校正が可能
  • SCPIコマンドセット ― 自動化されたテストシステムへの統合が容易
  • 低コスト ― 低価格で高速な自動校正
  • 小型サイズ ― 複数VNAでの使用で小型サイズは移動が容易

SmartCal MN25208Aは300 kHz~8.5 GHzの周波数範囲をカバーする2ポート自動校正ユニットのシリーズです。
SmartCalは、N(メス)、K(メス)、3.5 mm(メス)およびSMA(メス)タイプの4つのコネクタオプションがあります。
MN25208AはすべてのShockLine VNAで自動、高速でエラー(接続ミス)のない校正を提供します。SmartCalはUSB接続により自動で電源がオンし、内部メモリから校正係数をShockLineソフトウェアに読み込みます。SmartCalはウォームアップ時間を必要としないため、VNAによって検出された後すぐに使用できます。

The SmartCal MN25208A is a series of 2-port auto calibration units covering a frequency range from 300 kHz to 8.5 GHz. The MN25208A has 3 different connector options which include a set of N(f), K(f), or 3.5 mm(f) type connectors. The MN25208A delivers automatic, fast and error-free calibrations for any ShockLine VNA. The SmartCal automatically powers on via an USB connection and loads calibration kit coefficients from on-board memory into the ShockLine software. The SmartCal is ready to use immediately after detection by the VNA because it doesn't require warm-up.

SmartCal improves productivity by providing easier and faster single connection calibrations. Port auto sense and port mapping reduce errors and make multiport calibrations easier. The MN25208A, along with easyTest, can also be used in guided graphical test procedures to further simplify complex calibrations.


Key Configurations

Series Description
MN25208A 2-port SmartCal, 300 kHz — 8.5 GHz

Connector Options (Select one connector option only.)

Option Description
MN25208A-001 N(f) – N(f) Connectors
MN25208A-002 K(f) – K(f) Connectors
MN25208A-003 3.5 mm(f) – 3.5 mm(f) Connectors
ライブラリ
画像
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。