Skip to main content

KelvinバイアスT K252/V252/W252MF/W252FM

252
KelvinバイアスTは、DCとRF両信号を被試験デバイス(DUT)に入力し、高精度の直流測定が必要な用途に設計されています。
概要

KelvinバイアスTは、DCとRF両信号をDUTに入力し、高精度の直流測定が必要な用途に設計されています。DCコイルの抵抗が高いと電圧降下が発生し、DCバイアスエラーが発生します。KelvinバイアスTはセンスコイルを使用し、DCコイルの後に接続が行われるため、バイアスエラーを最小限に抑えることができます。

KelvinバイアスTのすべての製品モデルは精密コネクタを使用できます。K252とV252の標準インターフェイスは、RF入力はオスコネクタ、出力はメスコネクタです。110 GHz対応モデルの場合、RF入力および出力のため次の2モデルがあります。W252MFのRF入力はW1(m)、出力はW1(f)、またW252FMのRF 入力は W1(f)、出力は W1(m) です。

KelvinバイアスT のDCバイアスおよびセンス接続コネクタは、SMCです。K252 および V252の場合、RF入力と出力のオス・メスコネクタの選択についてはお尋ねください。

  • 最大110 GHzまでの周波数をカバーする広帯域性能
  • 50V で 500mA の電流容量
  • 低挿入損失と低 SWR
ライブラリ
画像
Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.