Skip to main content
MENU

Web展示会 Interop2020 - 業界最小クラスポータブル400Gネットワークテスタを参考出品 –

Interop Tokyo 2020で展示を予定していた最先端のネットワークテストソリューションをご紹介します。

Link to:
Exhibit Showcase Interop Tokyo 2020 展示テーマ
2c
3
4
Stand 1 Stand 2 Stand 3
Stand 4 Stand 5 Stand 6
6
7

Videos Featured Videos for;

Video 1 業界最小クラスの400Gトランスポートテスタ(参考出品)
Video 2 400Gネットワークテスタ MT1040A     
Video 3 新たな時代を切り拓くトランスポートテスタMT1000A
Video 4
MT1000A イーサネット測定
Video 5
小さなサイズ 大きなメリット
Video 6 MT1000A 自動試験ソリューション
Video 7 アンリツの新しいOTDR MT9085シリーズ

Stand 1:業界最小クラスの400Gトランスポートテスタ(参考出品)

アンリツ ネットワークマスタプロ MT1040A

10Mから400Gまで1台でカバーし、400Gイーサネットの開通/保守業務をサポートします。また、1台で400G 2ポートの構成に拡張でき、レイテンシ測定が必要な装置開発、検証業務の効率化に貢献します。

アンリツ 400G(QSFP-DD)マルチレートモジュール MU104014A

3種類の測定モジュールをラインアップします。

アンリツ 400G(OSFP)マルチレートモジュール MU104015A

 

アンリツ 100G マルチレートモジュール MU104011A

 

アンリツ MT1040A FEC試験

400Gイーサネットでは、常時FECによるエラー訂正が行われます。MT1040Aは、CWごとのエラー発生回数の分布を測定し、度数グラフ表示が可能で、400G光モジュールの性能評価、ネットワークの伝送マージン評価を強力にサポートします。

アンリツ MT1040A Installation & Maintenance

MT1040Aはスタッカブル構成になっており、本体に最大2枚まで測定モジュールを実装することができます。1台に測定モジュールを2枚実装し装置評価・検証で使用、1台に測定モジュールを1枚実装しネットワークの開通・保守で使用など、様々な使用方法で有効活用できます。

MT1040A

ネットワークマスタ プロ MT1040Aは、400Gイーサネットに対応した世界最小クラスのトランスポートテスタです。400GイーサネットのFEC(エラー訂正)解析機能や自動試験機能を搭載しており、光モジュール(QSFP-DDなど)の評価から、装置検証、開通/保守まで幅広く使用できるポータブルテスタです。

arrow-to-top

Stand 2:ポータブル100Gトランスポートテスタ

アンリツ MT1000A 100G イーサネット テスタ

ネットワークマスタ プロ MT1000Aは、10Mから100Gまで様々な規格に対応したトランスポートテスタです。ネットワークの開通、保守から、装置開発、製造まで幅広く使用できます。また、自動試験機能を標準実装しており、試験の自動化、マニュアルレス化が可能で、試験品質の向上と、作業効率化に貢献します。

arrow-to-top

Stand 3:4K/8Kを支えるIP映像伝送評価

アンリツ MT1000A 4K/8Kを支えるIP映像伝送評価

ネットワークマスタ プロ MT1000Aは、IPマルチキャスト評価(IGMP/MLDホストエミュレーション機能を実装)や、SMPTE ST 2059-1のプロファイルに対応したPTP時刻同期評価ができます。IP映像伝送回線の品質評価を強力にサポートします。

  • 最大16CHのIPマルチキャスト/IPユニキャスト伝送評価(パケット損失、ジッタ、レイテンシ測定)に対応
  • SMPTE ST 2059-1のPTP時刻同期精度測定が可能
お問い合わせ
arrow-to-top

Stand 4:5Gネットワークの低遅延実現に向けた評価

アンリツ MT1000A 5Gネットワークの低遅延実現に向けた評価

ネットワークマスタ プロ MT1000Aは、GPSレシーバ(別売)を接続することにより、対向するMT1000A間で時刻を同期できます。これにより、対向区間の片方向遅延時間を測定することができます。5Gを利用した低遅延のアプリケーション評価でも効果を発揮します。

arrow-to-top

Stand 5:5Gモバイルフロントホールの品質評価

アンリツ MT1000A 25G eCPRI評価

25G eCPRI評価

ネットワークマスタ プロ MT1000Aは、25G eCPRIに対応しており、5Gモバイルフロントホールの回線評価、装置評価ができます。100Gマルチレートモジュール MU100011Aと、高精度GPS同期発振器 MU100090Aを組み合わせて実装することにより、25Gイーサネットの周波数を高精度で測定できます。

アンリツ MT1000A 25G PTP評価

25G PTP評価

ネットワークマスタ プロ MT1000Aは、25Gイーサネットで、PTP時刻同期精度測定に対応しています。100Gマルチレートモジュール MU100011Aと、高精度GPS同期発振器 MU100090Aを組み合わせて実装することにより、25GイーサネットのPTP(ITU-T G.8265.1、G.8275.1 テレコムプロファイル)の時刻同期精度測定ができます。

アンリツ MT1000A

ネットワークマスタ プロ MT1000Aは、5Gモバイルフロントホールの25G eCPRI評価や、PTP評価にも対応した、10G/100Gポータブルテスタです。自動試験機能を使用すると、誤操作、誤判断のリスクを排除した試験を簡単に実施できます。

arrow-to-top

Stand 6:光線路の評価に欠かせないOTDR測定

アンリツ MT9085A OTDR 試験_1
アンリツ MT9085A OTDR 試験_2
アンリツ MT9085A OTDR 試験_3
アンリツ MT9085A OTDR 試験_4
arrow-to-top

OTDRについてもっと知りたい!

  1. パワーメータと何が違うの?→ クリック
  2. OTDRの原理をもっと詳しく知りたい→ クリック
  3. データセンタの回線で注意しなければならない点は?→ クリック
  4. 光ファイバにSMとGIがあるが、何が違うの?→ クリック
  5. MPOコネクタは測定できるの?→ クリック
  6. 価格はどれくらい?→ クリック
  7. 実機デモ希望→ クリック
  8. 詳しいセミナーを聞きたい→ クリック
  9. その他質問→ クリック
MT9085

アクセスマスタ MT9085シリーズは、光ファイバ(SMファイバ、MMファイバ)の評価に必要なOTDR、光源、光パワーメータを1台に搭載し、タッチスクリーンとハードキーを融合した直感的で快適な操作性を実現しております。光ファイバの接続損失や反射減衰量等の合否判定結果を一目で確認できるFiber Visualizer機能も搭載した、機動性に優れたポータブル測定器です。

arrow-to-top

Interop Tokyo 2020 展示テーマ

BLACK_INTEROP20_Logo

5G、4K/8KやIoTの拡大、クラウドコンピューティングの普及により、データ通信量は飛躍的に増大しています。それに伴い、ネットワークインフラの構築では、クラウド/データセンタの増設/拡大、それらを結ぶデータ通信網の高速化、高品質化など、さまざまなイノベーションが推進されています。

アンリツは、これらのイノベーションを支える最先端のネットワークテストソリューションをバーチャル展示し、ご紹介します。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.