Skip to main content

ダウンロードセンター

製品形名で検索

ドキュメントタイプ別

測定ソフトウェア MX2690xxA / MX2830xxA / MX2840xxA / MX2850xxA シリーズ

シグナルアナライザ MS269xA、MS2850A、MS2840A、MS2830Aで使用できる測定ソフトウェアのカタログです。

製品カタログ pdf 8.3 MB 2021/09/17

MS2830A シグナルアナライザ 取扱説明書 本体 操作編

MS2830Aシグナルアナライザは,リアルタイム信号解析機能,ベクトル変調解析機能などをオプション追加可能なスペクトラムアナライザです。
本器は,従来の掃引型スペクトラムアナライザの特徴であるフルスパンでの広範囲な解析をディジタルIF ブロックによって,高速かつ高精度な信号処理を可能とします。また,FFT 処理 (高速フーリエ変換) により,従来の掃引型スペクトラムアナライザでは実現できなかった高速なスペクトラム解析や周波数軸・時間軸上での同時解析などを実現します。さらに,オプション追加により,RF入力信号をディジタルデータとして記録(ディジタイズ機能)できます。これらの特徴により,研究・開発から製造までさまざまな用途で使用できます。

取扱説明書 pdf 10.9 MB Version: 42 2021/05/13

シグナルアナライザ MS2830A

MS2830Aを新規購入する場合、または既存のMS2830Aに後付けする場合に選択するオプション、測定ソフトウェアなどについて説明しています。ステップを追った手順に従い、MS2830Aの構成を選択できます。

構成ガイド pdf 919.4 KB 2020/10/26

26.5 GHz/43 GHz シグナルアナライザ MS2830A-044/045

シグナルアナライザ MS2830A-044/045は、上限周波数26.5 GHz/43 GHzをベースとし、外部ミキサ MA2740C / MA2750Cシリーズにより最大325 GHzまで測定できるスペクトラムアナライザです。 また、無線バックホールや車載レーダなど、より優れたダイナミックレンジ性能と測定スパンを必要とする測定のために、高性能導波管ミキサ MA2808A(60 GHz~90 GHz)を用意しています。スプリアス測定をはじめ、隣接チャネル漏洩電力、スペクトラムマスク、周波数カウンタなど送信特性に必要な測定機能を備えています。

製品カタログ pdf 5.5 MB 2020/09/02

26.5 GHz/43 GHz シグナルアナライザ MS2830A-044/045

26.5 GHz シグナルアナライザ MS2830A-044、43 GHz シグナルアナライザ MS2830A-045、高性能導波管ミキサ MA2808A、外部ミキサ MA2740C / MA2750Cシリーズの製品紹介です。

製品紹介 pdf 5.4 MB 2020/05/12

ソフトウェアパッケージ インストール 簡易手順書

本書は、シグナルアナライザ MS2830A/MS2840A/MS2850A/MS2690A/MS2691A/MS2692Aにファームウェアをインストールする手順を示します。

ユーザーガイド pdf 848.8 KB 2020/04/13

Windows 搭載測定器のウイルス対策

アンリツでは、Windowsオペレーティングシステムを搭載した測定器へのコンピュータウイルス感染を防ぐための対策を講じています。このホワイトペーパーでは、お客様の測定器をコンピュータウイルスから保護するための方法をご紹介します。

ホワイトペーパー pdf 1.2 MB 2019/12/26

MS2830A/MS2840A/MS2850A シグナルアナライザ 取扱説明書 スペクトラムアナライザ機能 操作編

MS2830A,MS2840A シグナルアナライザは,リアルタイム信号解析機能,ベクトル変調解析機能などをオプション追加可能なスペクトラムアナライザです。
スペクトラムアナライザ機能は,従来の掃引型スペクトラムアナライザの特徴であるフルスパンでの広範囲な解析をディジタルIF ブロックによって,高速かつ高精度な信号処理を可能とします。これらの特徴により,研究・開発から製造までさまざまな用途で使用できます。

取扱説明書 pdf 10.9 MB Version: 40 2019/11/14

MS2690A/MS2691A/MS2692A および MS2830A/MS2840A/MS2850A シグナルアナライザ 取扱説明書 スペクトラムアナライザ機能 リモート制御編

本器は,外部コントローラ(PC)と組み合わせて,測定の自動化することができます。リモート制御のためのインタフェースとして,GPIB,Ethernet,およびUSBを標準装備しています。また,リモートコントロールするためのコマンドとして,SCPI Consortiumによって定義されたコマンド形式であるSCPIモードと,当社独自の形式であるNativeモードの2種類の言語モードから選択できます。
言語モードの切り替えに関しては,『MS2690A/MS2691A/MS2692AおよびMS2830A/MS2840A/MS2850A シグナルアナライザ取扱説明書(本体 リモート制御編)』を参照してください。
Nativeモード使用時は,SCPIコマンドをNativeコマンドに読み替えて使用できます。詳細は,『MS2690A/MS2691A/MS2692AおよびMS2830A/MS2840A シグナルアナライザ取扱説明書(本体 リモート制御編)』を参照してください。

取扱説明書 pdf 4.8 MB Version: 56 2019/11/14

MX269022A LTE TDD ダウンリンク測定ソフトウェア 取扱説明書 操作編

3GPP TS36.211 V8.6.0 (2009-03) Physical Channels and Modulation (Release 8)で規定される,LTE TDD(Frame structure type 2)のダウンリンク 信号のRF 特性を測定するためのソフトウェアオプションです。

取扱説明書 pdf 2.8 MB Version: 21 2019/11/14

MX269022A LTE TDD ダウンリンク測定ソフトウェア 取扱説明書 リモート制御編

MS269x シリーズまたはMS2830A シグナルアナライザを通じて,外部コントローラ(PC)からリモート制御コマンドによる制御を行うことができます。本アプリケーションのリモート制御コマンドは,SCPI 形式によって定義されています。

取扱説明書 pdf 2.2 MB Version: 18 2019/11/14

シグナルアナライザ/スペクトラムアナライザ

アンリツのシグナルアナライザ/スペクトラムアナライザシリーズは、研究・開発用途に適した高性能・多機能なハイエンドモデルから、フィールド用途に適したハンドヘルドタイプのものまで幅広いラインナップがあります。さまざまなニーズやご予算に応じたアナライザを選択できます。

セレクションガイド pdf 3.1 MB 2019/10/01

外部ミキサを用いたミリ波スペクトラム測定方法

本アプリケーションノートでは、ミリ波測定における課題とアンリツの提供する新しいミリ波測定方法について解説します。

アプリケーションノート pdf 2.7 MB 2019/08/27

無線LAN製品の国内電波法の概要紹介 - 5.2 GHz/5.3 GHz/5.6 GHz帯を使用する無線機 -

5.2 GHz/5.3 GHz/5.6 GHz帯を使用する無線機に関する国内の電波法の測定項目(概要)および弊社シグナルアナライザ MS2830A/MS2840Aを用いた測定画面の一例などをご紹介します。

製品紹介 pdf 2.7 MB 2019/08/21

MX269017A ベクトル変調解析ソフトウェア 取扱説明書 リモート制御編

本アプリケーションは,MS269x シリーズ,MS2830A または MS2840A シグナルアナライザを通じて,外部コントローラ (PC) からリモート制御コマンドによる制御を行うことができます。本アプリケーションのリモート制御コマンドは, SCPI 形式によって定義されています。

取扱説明書 pdf 1.9 MB Version: 25 2019/03/27

MX269017A ベクトル変調解析 ソフトウェア 取扱説明書 操作編

MX269017A ベクトル変調解析ソフトウェアは,変調信号の変調解析を行うためのソフトウェアオプションです。

取扱説明書 pdf 7.9 MB Version: 31 2019/03/27

MS2690A/MS2691A/MS2692A および MS2830A/MS2840A/MS2850A シグナルアナライザ 取扱説明書 シグナルアナライザ機能 リモート制御編

本器は,外部コントローラ(PC)と組み合わせて,測定の自動化することができます。 リモート制御のためのインタフェースとして,GPIB,Ethernet,およびUSBを標準 装備しています。また,リモートコントロールするためのコマンドとして,SCPI Consortium によって定義されたコマンド形式であるSCPI モードと,当社独自の 形式であるNative モードの2 種類の言語モードから選択できます。 言語モードの切り替えに関しては, 『MS2690A/MS2691A/MS2692A および MS2830A/MS2840A/MS2850A シグナルアナライザ取扱説明書(本体 リモート制御編)』を 参照してください。 Native モード使用時は,SCPI コマンドをNative コマンドに読み替えて使用でき ます。詳細は,『MS2690A/MS2691A/MS2692A およびMS2830A/ シグナルア ナライザ取扱説明書(本体 リモート制御編)』を参照してください。 MS2830A においてシグナルアナライザ機能を使用する場合,解析帯域オプショ ン10 MHz 以上が必要です。

取扱説明書 pdf 3.1 MB Version: 36 2019/03/07

MS2830A/MS2840A/MS2850A シグナルアナライザ 取扱説明書 シグナルアナライザ機能 操作編

MS2830A MS2840A MS2850A シグナルアナライザは,リアルタイム信号解析機能,ベクトル変調解析機能などをオプション追加可能なスペクトラムアナライザです。 シグナルアナライザアプリケーションは,従来の掃引型スペクトラムアナライザの特徴であるフルスパンでの広範囲な解析をディジタルIFブロックによって,高速かつ高精度な信号処理を可能とします。また,FFT 処理(高速フーリエ変換)により,従来の掃引型スペクトラムアナライザでは実現できなかった高速なスペクトラム解析や周波数軸・時間軸上での同時解析などを実現します。さらにオプション追加により、RF 入力信号をディジタルデータとして記録(ディジタイズ機能)できます。これらの特徴により,研究・開発から製造までさまざまな用途で使用できます。

取扱説明書 pdf 10.4 MB Version: 23 2019/03/07

MS2690A/MS2691A/MS2692A および MS2830A/MS2840A/MS2850A シグナルアナライザ 取扱説明書 雑音指数測定機能 操作編

MS2690/MS2691/MS2692A またはMS2830A/MS2840A/MS2850A シグナルアナライザ(以下,本器) は,各種移動体通信用の基地局/移動機の送信機特性を高速・高確度にかつ容易に測定する装置です。 雑音指数測定機能 (以下,本アプリケーション) は,衛星通信,レーダ等の微小信号を扱う系における雑音に大きく影響する,雑音指数(以下,NF (Noise Figure )) を測定するための機能です。送受信機やデバイスの評価やトラブルシューティングなど,様々な分野において使用可能です。

取扱説明書 pdf 2.7 MB Version: 9 2019/03/07

MX269028A WLAN (802.11) 測定ソフトウェア 取扱説明書 リモート制御編

本アプリケーションは,MS269xA シリーズまたはMS2830A シグナルアナライザを通じて,外部コントローラ(PC)からリモート制御コマンドによる制御を行うことができます。本アプリケーションのリモート制御コマンドは,SCPI 形式によって定義されています。

取扱説明書 pdf 1.3 MB Version: 4 2019/03/07

ドキュメントタイプ別

ソフトウェアダウンロードサービス

お客様がお持ちの製品ファームウェアや、最新の関連ソフトウェアがダウンロードできます。(本ダウンロードサービスを利用するには、本サービスへの製品登録が必要です。)

ドライバ/ソフトウェアのダウンロード 2021/01/28

PowerXpert Analysis and Control Software v3.0 (MS2830A Only)

This version of PowerXpert is for use with the MS2830A Spectrum/Signal Analyzers only.

ドライバ/ソフトウェアのダウンロード zip 173.5 MB Version: 3.00 2015/09/01

MS2690 CVI Driver Version 3.2.0

MS2690 CVI Driver Version 3.2.0

ドライバ/ソフトウェアのダウンロード zip 4.8 MB 2008/11/25

製品カテゴリ別

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.