Skip to main content

遠隔操作による工事・保守業務の効率化

MX109020A Site Over Remote Access

ネットワークマスタ プロ(Ethernet/CPRI/OTDRテスタ) MT1000A/MT1040Aの無線機能(WLAN)が基地局や光線路の工事・保守作業の効率化に貢献。WLANにより、遠隔地からの遠隔操作測定器の集中管理が可能となり、作業時間(測定、結果保存など)の短縮、報告書作成の一元化を実現します。

What’s New
2020/7/21 ー MX109020Aがネットワークマスタ プロ MT1040Aをサポート
2020/7/1 ー MX109020A Site Over Remote Access 導入編(ビデオ)
【ビデオ】MX109020A Site Over Remote Access 導入編

多様化する試験作業のオンサイトトレーニング

5Gサービスの普及に伴って、基地局サイト建設の作業が複雑化しています。スモールセル、CRAN化のためのファイバ増大、フロントホールEthernet回線化、PTPによる時刻同期など、新しい測定が必要になります。
RF試験に熟達した作業者に、光トランスポートの試験をトレーニングするためには、遠隔操作によるOJTが一つの有効な手段です。

アンリツMT1000A、多様化する試験作業のオンサイトトレーニング

開通、工事・保守の現場での作業効率化

局舎内のメンテナンス

局舎内の光ファイバ(光線路)やネットワークの保守で、定期的にOTDR測定を行うことにより、障害発生のリスクを軽減できます。しかし、急なトラブルが発生した場合、経験豊富なスタッフが現場に急行できない場合もあります。

このような場合、OTDRのWLAN接続機能を使用することで、経験豊富なスタッフが遠隔地から光線路(光ファイバ)のトラブル解析・対応を行うことができます。トラブル対応時だけでなく、通常メンテナンスにおいてもWLAN接続機能を活用すれば、遠隔地にいる経験豊富なスタッフに情報を集約、一元管理することができ、トラブル解消の時間を短縮だけでなく、通常のメンテナンス業務も効率化できます。

アンリツMT1000A、局舎内のメンテナンス

屋外でのメンテナンス

屋外など、LANの届かない場所にある測定器をリモート操作するには、WAN経由での接続が必要です。この場合、例えば、通信事業者と契約したSIMを組み込んだモバイルルータなどの通信設備を用意します。

アンリツMT1000A、局舎内のメンテナンス

しかし、これだけでは足りません。測定器に割り当てられたIPアドレスがわからないため、オフィスのPCから接続先を特定できないからです。以下の2つの準備が追加で必要です。

  1. モバイルルータに固定IPアドレスまたは、グローバルIPアドレスを割り当てるサービスを、通信事業者と別途契約する。
  2. モバイルルータに設定を施し、ポートフォワードを有効にする。

Site Over Remote Access(SORA)を使えば、どこにいても簡単に接続できます。

MX109020A Site Over Remote Access(愛称 SORA; ソラ)をご使用になれば、測定器がどこにいても、簡単にリモート操作をすることができます。
SORAはクラウド技術を基盤にしているサービスです。オフィスにいるユーザはインターネット上のWebページにログインします。測定器はスマートフォン経由でオフィスとつながります。

アンリツMT1000A、MX109020A Site Over Remote Accessで、どこにいても、測定器を簡単リモート操作

ネットワークマスタ プロ MT1040Aについてさらに詳しく

ネットワークマスタ プロ MT1000Aについてさらに詳しく

製品について詳しく

関連ドキュメント

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.