Skip to main content
MENU

業務用カメラなどの映像伝送装置で使用されている光モジュールやAOCの評価ソリューション

映像デバイス評価

地上デジタル放送で使用されるハイビジョン技術は、映像カメラ、テレビだけでなく監視カメラ、医療機器、Factory Automation(FA機器)や車内通信でも利用されています。 これらの機器では、映像信号をレコーダなどの外部機器へ非圧縮信号で伝送するためにHD-SDI、3G-SDIなどの高速シリアル伝送インタフェースを利用しています。 また、映像機器の内部および機器間で、高精度映像データは高速伝送されており、ビット誤りのない高品質な伝送方法が必要となっています。

現在、さらなる高精細画像技術として、4KウルトラHD(スーパーハイビジョン)、さらには8KウルトラHDの研究が行われており、高精度画像データを非圧縮で伝送するには、より高速、より高品質な伝送方法が要求されます。

このような高精度画像技術に対応した機器間、あるいは機器内部での伝送方法には、電気インタフェースによる伝送だけでなく、光インタフェースを使用した伝送方法が検討されようとしています。主に機器間では、SFP、SFP+などの光トランシーバを使用した光ファイバによる伝送、機器内部では、Active Optical Cable(AOC)を使用した伝送方法が検討されています。光トランシーバやAOCの評価では、伝送品質を評価するために、BER測定、Eyeパターン解析、Eyeマスクマージン評価が必須となっています。

光トランシーバ、AOCの特性評価、伝送路の品質評価を簡単、安価に行うことができる測定器が、BERTWave(BERT、サンプリング・オシロスコープ) MP2100Bです。

光トランシーバ単体評価

映像デバイス-光トランシーバ評価

機器内伝送評価(アクティブオプティカルケーブル[AOC])

映像デバイス-AOC評価
必要機能 パルスパターンジェネレータ(PPG)、エラーディテクタ(ED)、サンプリングオシロスコープ
測定項目 BER、Eyeパターン、Eyeマスクマージン、ジッタ

MP2100Bは、125 M~12.5 Gbit/s信号のBER測定、100 M~12.5 Gbit/s信号のEyeパターン、Eyeマージン測定、ジッタ成分解析を1台で行えるコンパクトな測定器です。

form.jpg

製品について詳しく

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。