Skip to main content
MENU

レーダ

VectorStar™が測定・評価のさまざまな問題を解決します。



アンリツの最新型VectorStar™は、レーダ用コンポーネントやサブシステムを確実に特性化するためのツールとして提供されます。優れた基本性能を誇るVectorStar™は、従来の測定方法で発生していた矛盾や制限を排除できます。分解能、パルスタイミング、測定精度、および記録時間の向上に加え、グラフィカルな設定画面が、測定の問題を素早く解決できます。


VectorStar™ MS4640Bにオプション 035 IFデジタイザーとオプション 042 PulseView™を追加することにより、レーダパルス測定に適した構成になります。現在レーダパルス測定において求められている機能はパルスプロファイル(パルス内位相)、ポイントインパルス(Point-in-Pulse)、およびパルス平均(Pulse to Pulse)測定です。PulseView™により、業界屈指の2.5 nsの分解能でパルス測定ができます。更に、リアルタイムの設定/表示機能により、設定状態と測定結果の整合性が取れます。

 

radarvectorchart.png   radarpulseview.png

MS4647B_Front.jpg

MS4640B


    「ベクトルネットワークアナライザ高速アーキテクチャによるレーダ・パルス測定におけるタイミング分解能と精度の向上」をダウンロードする。

  

VectorStar™ MS4640Bのレーダ測定の特長:


  • 高速デジタイザー設計:
    優れたパルス測定性能を提供します (200 MHzのデジタルIF帯域幅)。


  • 業界最高水準のパルス測定分解能:
    最も要求の厳しいレーダアプリケーションにおいて、優れた性能が正確な測定を実現します。


  • 長い記録時間 - 最高分解能2.5 nsにて0.5 sの記録時間:
    分解能を犠牲にすることなく、繰り返しの少ないパルスの測定を実現します。


  • グラフィカルな設定画面:
    パラメータの設定を簡単に確認できます。


  • 測定パラメータの変更による結果を即座に表示:
    パルス測定の設定パラメータを変更すると、測定結果を瞬時に表示します。


  • 4つの独立した測定画面とレシーバ:
    独立したレシーバの調整により校正が改善され、それぞれのパスルートにおける遅延やシステムタイミングの問題を解決します。
  •  


     

    form.jpg

     

     関連ソリューション
    link.jpg    VectorStar™ ベクトルネットワークアナライザソリューション
    link.jpg    オンウェハ
    link.jpg    コンポーネント
    link.jpg    シグナルインティグリティ
    以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。