Skip to main content
MENU

コンポーネント

質の高い測定環境でコンポーネント設計・開発ができます。



VectorStar™は、アクティブ、またはパッシブコンポーネントの設計・開発に必要となる測定環境を提供します。


VectorStar™は、広い周波数帯域において優れた基本性能を有しています。 2 GHz以下の周波数帯域においても優れたダイナミックレンジを持ち、測定時間を短縮することができます。VectorStar™は、RF、マイクロ波、ミリ波、さらにはテラヘルツ領域に至るまでのI/V特性、雑音指数、および差動動作を含めた測定機能・性能を提供し、コンポーネントを正確に解析、評価できます。

70 kHzまで下限周波数を拡張するオプションにより、正確なモデリングとタイムドメイン測定を実現できます。 また、精度の高いAutoCalモジュールにより、測定の不確実性を最小化できます。さらにDifferentialView™により110 GHzまでの真の差動測定が可能であり、125 GHzまでの雑音指数測定を実現します。 VectorStar™は、測定周波数の拡張、測定ポート数の追加など拡張性に優れています。

on-wafer module

MS4640B


    コンポーネント:雑音指数測定をダウンロードする。

  

VectorStar™ MS4640Bのコンポーネントの特長:


  • 広帯域の周波数範囲において優れた測定性能:
    70 kHzから20 GHz/40 GHz/50 GHz/70 GHz/110 GHzの周波数モデルを用意しており、低周波領域と高周波領域のデータ連結による不確実性を排除します。


  • ブリッジとカップラのハイブリッド型のアーキテクチャにより、最高水準のタイムドメイン解析が可能:
    2.5 GHz以下の周波数範囲では、ブリッジ構造を使用し、Sパラメータデータを低周波領域の70 kHzまでキャプチャすることにより、タイムドメインにおけるDC成分の計算誤差を最小限に抑制します。


  • 高精度AutoCalモジュール:
    先進の設計により、スライディング終端器を使用した時間のかかる校正を行うことなく、測定の確実性を向上できます。


  • PulseView™:
    PulseView™とVectorStar™のIFデジタイザーオプションを使用した2.5 nsの測定分解能により、パルス歪みによる問題の原因を容易に解析できます。


  • DifferentialView™:
    差動増幅器の性能を確認できます。


  • 雑音指数測定:
    VectorStar™の独自機能により、125 GHzまでの雑音指数測定が可能です。


  • VectorSta™シリーズの優れた拡張性:
    現在必要なもののみを購入して、必要に応じてアップグレードすることができます。
  •  


     

    form.jpg

     

     関連ソリューション
    link.jpg    VectorStar™ ベクトルネットワークアナライザソリューション
    link.jpg    レーダ
    link.jpg    オンウェハ
    link.jpg    シグナルインティグリティ
    以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。