Skip to main content
MENU

光導波路評価ソリューション

多極化が進む光導波路、光バックプレーン市場には多チャネル対応のBERTSが必要です。

現在、インターネットの普及と伝送容量の増大により、各通信装置の情報処理能力の高速化が進んでいます。高速化するためには、サーバやルータといった通信機器の機器間および機器内コネクションの高速化が必須となり、光を使ったインターコネクションへと進化しています。
光インターコネクションの普及のためには高密度、多ポート、低価格化していくことが重要になってきます。

光導波路、光バックプレーンの高密度、多ポート、低価格化この課題を解決するために、測定器に求められる機能は?

  • 多チャネル構成
  • 高品質な波形
  • 各種解析機能
  • 高感度入力

MP1800Aは、光導波路・光バックプレーン市場での研究、開発、製造で抱えている課題に対して解決できる、最適なソリューションを提供します。

 

多チャネル構成で光導波器、光バックプレーンの高密度・多ポート・低価格化の実現に貢献します。

MP1800A 多チャネル構成

 

ソリューションの特徴

多チャネル構成

多ポート測定や送受同時測定により、高密度化による電気信号でのクロストーク評価が行なえます。

 

高品質な波形

低振幅なデータでも高品質な波形を使用できるため、E/Oモジュールの入力感度試験に最適です。

 

各種解析機能

Bathtub、Eye Margin、Eye Diagram、Q Analysis*1、ISI、Capture機能に対応しているため、不具合原因の早期発見に貢献します。

*1 MU181020A-030が必要となります。

 

高感度入力

10mVpp Typ.の高感度入力*2のため、外部AMPなしでMP1800Aにデータを入力できます。
そのため、正確で信頼性の高い評価が可能です。

*2 MU181020A-002選択時の最小入力感度となります。

 

 


関連製品
シグナル クオリティ アナライザ MP1800A
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。