Skip to main content
MENU

EML光変調器評価ソリューション

3.5Vp-pの高振幅出力!

ワイドなクロスポイント設定が自由自在!


光変調器(LN、EA、EML)評価に必要な高振幅で再現性の高いクロスポイント可変機能を実現します。

EML光変調器試験構成

パルスパターン発生器の外部に高振幅アンプを用意する必要がなくなりました。

EML変調器試験構成

ソリューションの特長

シグナル クオリティ アナライザ MP1800Aが光変調器評価に最適なソリューションをご提供します。

 

高振幅出力

MP1800A+データ出力(0.5~3.5Vp-p)オプションだけで、0.5 ~ 3.5Vを出力します。
そのため、高振幅波形を必要とする変調器を駆動できます。

 

クロスポイント可変

20 ~ 85%のワイドなクロスポイント調整を画面上で簡単に行えます。
しかも、クロスポイントを85%まで可変しても波形の品質は変わりません。
そのため、EMLなどの変調器をより正確に評価することができ、歩留まり改善に貢献します。

クロスポイント20%クロスポイント50%クロスポイント85%

 

 


関連製品
シグナル クオリティ アナライザ MP1800A
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。