Skip to main content
MENU

100GbE用CFPモジュール評価ソリューション

最適な100GbEデバイスの評価のために

高品質で高振幅な出力波形により100GbE用デバイスの評価を実現できるため、測定結果の信頼性が高く、テスト時間の短縮に貢献いたします。

100GbE用EML/光デバイスの評価

必要試験項目

特長

100GbE、25G×4λの評価を実現

最大28Gbit/s の動作周波数に対応したMUX/DEMUXモジュールを使用することで、IEEE802.3 baで標準化が進む100GbE用EMLや光モジュールの評価を実現できます。 2 ch MUXのData、xDataを使用することで、4 ch のEMLを同時にかつ独立に駆動でき、コストパフォーマンスに優れた評価を提供します。

 

EMLの評価に最適な信号品質を提供

最大3.5Vp-pまでの出力可変機能により、25Gbit/s帯EMLを直接駆動できます。画面上で簡単に振幅やクロスポイントの調整を行うことができ、評価時間の短縮と信頼性の高い評価が実現できます。

 

スキュー、クロストークの影響確認

20Gbit/s超クラスの信号を使用するアプリケーションでは論理検証だけでなく、実機検証が必要となります。 MP1800Aは、パターン同期、位相可変機能を実現しているため、受信デバイスのスキュー耐力、クロストークの影響等を容易に実機検証できます。

 

Auto Search機能の標準装備

データとクロックの位相差をAuto Search機能により自動調整でき、容易な操作性を実現しました。

 

 


関連製品
シグナル クオリティ アナライザ MP1800A
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。