Skip to main content
MENU

TDMA方式デジタル無線の送信&受信試験ソリューション|シグナルアナライザ

TDMA方式デジタル無線の送信&受信試験ソリューション


MX269017A ベクトル変調解析ソフトウェアで各種変調解析をサポート

シグナルアナライザMS2690A, MS2691A, MS2692Aに、MX269017Aベクトル変調解析ソフトウェアをインストールすることにより、TDMA方式のデジタル無線の変調解析を含む送信系評価をサポートします。

【特長】

  • 変調方式:BPSK、QPSK(4QAM)、π/4 DQPSK、8PSK、16QAM、64QAM、2FSK、4FSK
    ⇒ ARIB STD T61/T79/T98、RCR39など各種TDMA方式に利用できます。
  • “Preset Dialog Parameter”機能:ARIB STD T61/T79/T98、RCR39
    選択するだけで各通信システムの測定パラメータを一括設定します。
  • 12種類の解析画面をサポート。1画面に4種類を自由に配置できます。
    ●コンスタレーション ●EVM vs. シンボル ●振幅誤差 vs. シンボル ●位相誤差 vs. シンボル ●周波数 vs. シンボル ●トレリス ●アイダイアグラム ●数値結果 ●I/Q vs. シンボル ●振幅 vs. シンボル ●位相 vs. シンボル ●波形モニタ
  • 基本的な送信評価機能は本体MS269xAで標準サポート
    ●隣接チャネル漏洩電力 ●チャネルパワー ●占有帯域幅 ●スペクトラムマスク ●スプリアス ●バースト平均電力

MX269017A ベクトル変調解析ソフトウェア


測定結果表示画面1
(クリックで拡大表示)
 
測定結果表示画面2
(クリックで拡大表示)

測定結果表示画面3
(クリックで拡大表示)
 
測定結果表示画面4
(クリックで拡大表示)

 


ベクトル信号発生器オプション追加で、ワンボックスソリューションに早変わり!!

MS2690A/91A/92A シグナルアナライザ+MX269017Aベクトル変調解析ソフトウェアに加えて、 MS2690A/91A/92A-020 ベクトル信号発生器およびMX269902A TDMA IQproducerをインストールすることで、「各種変調方式の信号出力」と「送信信号の解析」の両方を1台でサポートします。
一般的にアンプなどの部品評価では「信号発生器」と「スペクトラムアナライザ」をセットで使うことが多いですが、MS2690A/91A/92Aであれば1台で下図のように試験できます。
初期投資、スペース、設備管理、測定前の準備などの“無駄”を削減します。

 

特長[MS2690A/91A/92A-020 ベクトル信号発生器]

  • 周波数範囲: 125MHz~6GHz
  • RFベースバンド帯域幅: 内蔵 120MHz
  • AWGN加算機能を内蔵
  • BER測定器を内蔵: 100bps~10Mbps

 


評価用の信号生成は、IQproducerにお任せ!!

MX269902A TDMA IQproducerは、TDMA方式の波形パターンを生成することができるPCソフトウェアです。PCにインストールし、「変調方式」「データ」「フィルタ」「フレーム」「スロット」などTDMA信号に必要なパラメータを自由に設定し、MS2690A/91A/92A-020 ベクトル信号発生器用の波形パターンを生成します。

特長[MX269902A TDMA IQproducer]

  • 変調方式:BPSK、DBPSK、π/2DBPSK、QPSK、DQPSK、π/4 DQPSK、8PSK、D8PSK、16QAM、32QAM、64QAM、256QAM、ASK、FSK、4FSK
  • データ:PN9、PN15、16-bitパターン、ALL0、ALL1、ユーザファイル
  • フィルタ:Nyquist、Root Nyquist、Gaussian、Ideal Lowpass、None
  • MX269902A TDMA IQproducer


    メイン画面
    (クリックで拡大表示)
     
    変調方式設定画面
    (クリックで拡大表示)
     
    フィルタ設定画面
    (クリックで拡大表示)

     


    【関連製品】MG3700A ベクトル信号発生器
    本格的な受信評価には、1台3役のMG3700Aがお勧め!!

    TDMA IQproducerは、別製品であるMG3700Aベクトル信号発生器と共通ソフトウェアになっています。
    MG3700Aは任意波形メモリを2つ内蔵し、希望波と妨害波を1台で出力できます。受信試験の“隣接チャネル選択度"、“相互変調特性"のように複数の信号発生器を使う試験で「設備低減」「作業短縮」に効果的です。
    さらに BER測定器を内蔵しているので、MG3700Aは受信試験において、希望波・妨害波・BER測定器の1台3役としてご利用いただけます。

    ※MG3700AでTDMA IQproducerの波形パターンをお使いになる場合、MG3700A用のライセンス(MX370102A)が必要です。

    MG3700A ベクトル信号発生器

    特長[MG3700A ベクトル信号発生器]

    • 周波数範囲:標準 250 kHz~3 GHz、オプション 250 kHz~6 GHz
    • RFベースバンド帯域幅:標準内蔵 120 MHz、 外部 150 MHz
    • 標準内蔵の2波加算機能で「希望波」+「妨害波」を1台で出力
      ⇒ 周波数オフセット、レベル差を画面で簡単に設定
    • BER測定器を標準装備:標準 1 kbps~20 Mbps、オプション 100 bps~120 Mbps
     
    隣接波選択度
    (クリックで拡大表示)

     

     


    関連製品
    スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ MS2690A
    スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ MS2691A
    スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ MS2692A
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。