Skip to main content
MENU

基地局アンプの調整・生産効率を大幅改善|シグナルアナライザ

歩留まり改善やコスト低減の要求に頭を抱えていませんか?

そんなニーズにシグナルアナライザ MS2690A、MS2691A、MS2692Aがお応えします。

基地局アンプの調整・生産で活躍するシグナルアナライザ

高速測定で調整効率アップ

基地局アンプの調整工程では、歪補償回路、電流調整、周波数特性など多岐に渡る性能を都度調整しながら、ACLR(隣接チャネル漏洩電力比)を繰り返し確認する必要があり、従来型スペクトラムアナライザでは多大な時間を要します。

シグナルアナライザ MS2690A、MS2691A、MS2692Aは超高速ACLR測定機能を有しており、従来の掃引型スペクトラムアナライザに比べ、約65倍の高速測定が可能。調整効率が劇的に改善します。

高速測定で調整効率の大幅改善

 

占有面積&コスト低減

スペクトラムアナライザと信号発生器(オプション)をコンパクトな一台に内蔵できるため、占有面積、初期投資、ランニングコスト(校正費用、管理コスト、消費電力)の低減 に貢献します。

 

次世代システムまで幅広くサポート

W-CDMA/HSPAなどの既存システムはもとより、3GPP LTE、Mobile WiMAX、EDGE Evolutionなどの次世代システムもサポートしています。

測定ソフトウェアを追加するだけで長期間にわたってご使用いただけます。

次世代システムまで幅広くサポート

 

 


関連製品
スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ MS2690A
スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ MS2691A
スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ MS2692A
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。