Skip to main content
MENU

光ネットワークの建設、保守に

マルチレイヤネットワークテストプラットフォーム CMA5000aなら光ネットワークのパフォーマンス検証や障害解析が効率よく行えます。

マルチレイヤネットワークテストプラットフォーム CMA5000a

 

豊富なモジュール群と2つのプラットフォーム

CMA5000aは、1台のテストプラットフォームで、さまざまな通信ネットワークに対応できます。

 

なお、2種類(SBA、MBA)のプラットフォームで、実装するモジュール数に対応します。

SBA、MBAの2種類のプラットフォーム

 

使ってください簡単ユーザインタフェース

CMA5000aでは、タッチパネルの採用により、異なるモジュールでも統一感のある簡単操作・画面を実現しました。これにより、オペレータのトレーニング時間と、トラブル解析時間を削減できます。

異なるモジュールで統一感のある簡単操作画面

また、イーサネット経由で遠隔操作が可能なため、中央制御室から現地のオペレータを支援したり、近端と遠端での同時測定が可能です。

イーサネット経由で画面操作が可能

 

PDFレポートもワンボタンで自動生成

CMA5000aは、ボタン操作ひとつで、測定条件と測定結果レポートをPDF形式で自動生成します。レポート内に、お客様のロゴを入れることも可能です。

ボタン操作ひとつで測定条件と測定結果レポートをPDF形式で自動生成

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。