Skip to main content
MENU

RF信号のシミュレーション


RF信号のシミュレーション

 

研究において、設計段階でシミュレーションをしてみたいと思ったことはありませんか?
シグナルアナライザMS269xA/MS2830Aのデジタイズ機能は、RF入力信号をサンプリングし、I/Qデータとして波形メモリに記録する機能です。波形メモリに格納したI/Qデータは、ベクトルシグナルアナリシス(VSA)機能を用いてマルチドメイン解析を行うことや、ファイルに出力することにより市販のシミュレーションツールなどを用いて信号解析ができます。

 

RF信号のシミュレーション

 

これによりたとえば、デバイスの設計段階のシミュレーション結果と評価段階の実測値を比較し、設計へのフィードバックを行うことができます。 MS269xA/MS2830Aのベクトル信号発生器オプションを用いれば、シミュレーション上の評価信号を実際に出力できます。

RF信号のシミュレーション

VSG:ベクトル信号発生器。オプションで MS269xA/MS2830Aシグナルアナライザ本体に内蔵できます。

 


ソリューションの特長
  • 取りこぼしなく長時間の取り込みが可能

  • サンプリングしたデータを最大128Mサンプル(I相+Q相)の大容量波形メモリに取りこぼしなく記録できます。
  • 補正いらずの絶対値データ記録

  • MS269xA/MS2830Aシグナルアナライザは独自の振幅/位相補正回路により、本来生じる測定器内部の誤差をリアルタイムに補正し絶対値でデータを記録します。
  • シミュレーションツールで簡単にファイルの読み込みが可能

  • デジタイズしたファイルは、パラメータファイルとI/Qデータファイルの2種類が生成されます。I/QデータファイルはI/Qそれぞれがfloat 4byteで交互に記録されたバイナリ形式ですのでMATLABなど市販のシミュレーションツールで容易に読み込めます。

 

ソリューションの特長

 

シグナルアナライザ MS2690Aの製品情報はこちら

シグナルアナライザ MS2830Aの製品情報はこちら

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。